ノイアーを狙うグアルディオラ・シティ

マンチェスター・シティの監督となるグアルディオラ
バイエルンからアラバ、チアゴを連れて行きたいもまず不可能
そして今度はノイアー、夢みるのはいいがまず確実に不可能

来シーズンからマンチェスター・シティを率いることが決まっているジョゼップ・グアルディオラ監督は、現在指揮するバイエルン・ミュンヘンから守護神を連れて行くかもしれない。イギリス『ミラー』は、シティがGKマヌエル・ノイアーの獲得に興味を持っていると伝えた。グアルディオラ監督のサッカーにおいて、ノイアーの守備範囲の広さと技術はとても重要だ。そこで、バイエルン指揮官はドイツ代表守護神を新天地に連れて行きたいと考えているという。シティはノイアーに週給30万ポンド(約4800万円)という好条件を用意しているそうだ。しかし、グアルディオラ監督は現チームからシティに選手を連れていかないことでバイエルンと合意しているという話もある。バイエルンが3年の契約を残すノイアーを簡単に手放すとも考えにくく、この取引が実現する可能性があるかは分からない。(Goal)

来季、ペップことジョゼップ・グアルディオラ新政権の誕生が決定しているマンチェスター・シティの補強ターゲットに、新たな大物が急浮上した。英地元紙「デイリー・ミラー」は、バイエルン・ミュンヘン所属のドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、プレミアリーグに移籍する可能性を報じている。現在シティのゴールマウスには、イングランド代表GKジョー・ハートが守護神に君臨。さらに今季のリーグカップ決勝で、PKを3本ストップして優勝の立役者となったアルゼンチン人GKウィリー・カバジェロが控えている。それでも、来季からペップ新監督の就任が決定済みのチームに、ドイツ代表守護神を補強する噂が持ち上がっている。ノイアーはセービングやシュートへの反応速度など、GKとしての能力が高いのはもちろん、エリア外まで積極的に飛び出す驚異的な守備範囲の広さから、“スイーパー・キーパー”と称された。足元の技術も高く、攻撃への組み立て能力の高さからペップ流サッカーに完全にフィットする。バイエルンとの契約を3年残しているとはいえ、名将ペップの後を追って、世界最強との呼び声も高い守護神が、プレミアリーグに初参戦する可能性があるようだ。(Soccer Magazine ZONE web)

update: 2016年3月4日11:33 pm