公開日:2016/02/14

グアルディオラ・シティがアラバを狙う

来季からマンチェスター・シティの指揮官になるグアルディオラ
バルセロナからは引っ張ってこないと言うが
バイエルンからは引っ張っていきそう
よく言われているのがチアゴ。これはしょうがないかもしれないが
アラバは出せないぞ

来季のマンチェスター・シティ監督就任が決まっているペップことジョゼップ・グアルディオラ監督は、現在の教え子と一緒にイングランドへ渡ることを望んでいるようだ。英地元紙「デイリー・スター」によれば、指揮官はサイドバックとしては史上最高額となる移籍金で、「神」と絶賛するオーストリア代表DFダビド・アラバの引き抜きを画策しているという。バイエルンとの契約を2年残すアラバの移籍金は4000万ポンド(約66億円)にも上るという。この金額はアラバが主戦場とするサイドバックの選手としては、歴代最高額になると見られている。ペップが望むのは、23歳と若く、複数ポジションをこなせるアラバだ。以前からペップは「アラバは我々のゴッド(神)だ。彼は10近いポジションをこなせる」と、この俊英レフティーを大絶賛していた。ペップ流を肌で知る世界最高の左サイドバックが、プレミア初上陸となる名将の、トップターゲットとして浮上している。(Soccer Magazine ZONE web)