ロッベン、グアルディオラについて語る | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2016/02/12
ロッベン、グアルディオラについて語る

ロッベンがグアルディオラについて語った
成長させてくれたと感謝している
グアルディオラが就任したときぶつかると思われていたが
そんな事もなくロッベンを大切に扱った
バイエルンからシティに誰も連れて行かないと言うがそれはどうか?
アラバ、チアゴなどを連れて行きたいだろうが

グアルディオラ監督は契約満了をもってバイエルンを退任し、来季からプレミアリーグに挑戦することが決まっている。ロッベンはオランダ『メトロ』で、次のように述べた。『ESPN』が伝えている。「彼からシティについてくるようには求められていないよ。彼はそういうことをしないと思う。僕にも、ほかの選手たちにもね。僕ら全員の目標は一つだけだ。できるだけ多くのトロフィーを獲得してシーズンを終えることだよ。今大事なのはそれだけだ」「彼の退任についてはまだ本当に考えていないんだ。彼との仕事が良すぎて、考えられないよ。この数カ月、彼との仕事を楽しみたい。できれば複数のトロフィーを獲得してお別れを言いたいね。彼は素晴らしい指揮官だ」ロッベンはグアルディオラ監督を称賛し、多くを学んだと続けている。「彼が去って最も恋しくなるのは何か? 試合への取り組みと知識だね。彼はそれによって選手をさらにうまくさせてくれるんだ。僕はずっとサッカーをやってきたけど、グアルディオラ監督は本当に僕をさらに優れた選手にしてくれた」「彼と仕事を始めたとき、僕は29歳だった。そう若くはないよね。でも、彼のおかげでそれから僕がどれほど成長できたかを見てほしい。それが彼の力を示している」(Goal)