ベッケンバウアーがレヴァンドフスキがレアルに狙われていると | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2016/01/22
ベッケンバウアーがレヴァンドフスキがレアルに狙われていると

ベッケンバウアーがレヴァンドフスキがレアルに狙われていると話す
レアルは夏の補強が厳しいのでなにがなんでも獲得したい感じ
ベッケンバウアーが言うまでもなく狙われているのはわかる
しかし本人は噂は気にしないとコメント
アンチェロッティに変わっても重要視されるので問題は無いとおもうが
ちょくちょく名前が出るイグアインにあれか

バイエルンの名誉会長を務めるフランツ・ベッケンバウアー氏が、同クラブに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがレアル・マドリードに移籍する可能性があると示唆した。20日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。ドイツ通信社『DPA』で、ベッケンバウアー氏は「レヴァンドフスキはレアル・マドリードに移籍する話が出てきている」と話し、レヴァンドフスキが移籍する可能性があると示唆した。これに対し、レヴァンドフスキ本人は「こういった噂は気にしないよ、慣れっこだからね」と、移籍話は噂の域でしかないと否定した。(SOCCER KING)

バイエルン・ミュンヘンのフランツ・ベッケンバウアー名誉会長が、クラブのエースであるポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキのレアル・マドリード移籍を示唆するコメントを残している。昨年、5項目でギネス認定された現代最高のストライカーは“白い巨人”の一員となるのだろうか。スペイン地元紙「AS」が報じている。ベッケンバウアー会長は、バイエルンで背番号9を背負うエースについて「レバンドフスキはすでに、レアル・マドリードへの有力な移籍候補者として名前が挙がっている」と、放出の可能性を示唆したという。レバンドフスキはドルトムント時代の2012-13シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第1戦で、レアル相手に1試合4得点という離れ業を成し遂げた経験もある。さらに、昨年9月22日のヴォルフスブルク戦では途中出場からわずか9分間で5得点を挙げて、5項目でギネス認定を受けていた。銀河系軍団とも称されるレアルは、以前から驚異的な決定力を誇るポーランド人ストライカーの獲得を望んでいた。(Soccer Magazine ZONE web)

バイエルンのフランツ・ベッケンバウアー名誉会長がFWロベルト・レワンドフスキのレアル・マドリーへの移籍について語った。独『DPA』のコラムで明かした内容をスペイン『マルカ』などが伝えている。レアルとアトレティコ・マドリーはFIFAの規定違反をしたとして、2016年夏および2017年冬の移籍市場における補強禁止処分を受けている。ベッケンバウアー氏は、これにより1月の移籍市場が活発になると指摘。その上で「レワンドフスキはすでにR・マドリーの獲得候補として名前が挙がっている」と明かした。また同氏は「FWトーマス・ミュラーはバイエルンに残るとすでに明言してくれた。ファンはより一層彼のことが好きになっただろうね」と綴り、ミュラーの残留が決まったことも明言している。(ゲキサカ)

レアル・マドリーがバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキ獲得を狙っているのは真実のようだ。バイエルンのフランツ・ベッケンバウアー名誉会長がドイツメディア『ドイツ通信社』での自身のコラム内で認めている。レバンドフスキはバイエルンと2019年まで契約を残しているが、マドリーがレバンドフスキ獲得を狙っているのは公然とされており、何度もレバンドフスキの同クラブ移籍が噂されてきた。さらにマドリーは2013年の夏と冬に当時ボルシア・ドルトムントでプレーしていたレバンドフスキ獲得をすでに画策している。ベッケンバウアー名誉会長はマドリーとアトレティコ・マドリーに国際サッカー連盟(FIFA)から補強禁止処分が下されたことで、この1月に大きな動きがあるとみている。レバンドフスキがマドリーのユニフォームを着てプレーする日は近いと考えているようだ。(フットボールチャンネル)

スペイン『マルカ』によると、同会長は今冬の移籍市場が活発なものになると予想しており、お金を大量に使ってくるプレミアリーグと、FIFAから今夏と来年冬の補強禁止処分を受けたレアルとアトレティコ・マドリードが主役になると考えている。レアルはトップターゲットの1人としてレヴァンドフスキを狙っており、同会長はレヴァンドフスキ移籍話があることを認めた。一方で、トーマス・ミュラーはバイエルンに留まると強調しており、サポーターがより一層ミュラーのことを愛するだろうとレヴァンドフスキ移籍後のエースに据える考えも見せた。レヴァンドフスキは、来季よりバイエルンで指揮を執ることが決定しているカルロ・アンチェロッティがナポリFWゴンサロ・イグアインが欲しいと発言したり、同会長がイグアインについてコメントしたことを快く思っていないようだ。今冬を逃せばレアル行きは難しくなるため、選手の中にも動くなら1月中にとの思いもあるかもしれない。(theWORLD)