やっぱりノイアーが世界一のGK

ノイアーが世界一のGKなのはわかっているが
2位以下はこんな感じ
2位:ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
3位:ティボー・クルトワ(チェルシー)
4位:ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
5位:ペトル・チェフ(アーセナル)
6位:ケイロル・ナバス(レアル・マドリード)

英『FourFourTwo』がそんなGKの選手たちを格付け。この地球上でプレイするGKの中で最も素晴らしい6人をランキング形式で発表した。トップにはバイエルン・ミュンヘンで異次元級の活躍を見せているマヌエル・ノイアーが選出され、そのあとをマンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘアとチェルシーの若手ティボー・クルトワが追っている。とりわけクルトワは弱冠23歳にして3位にランクインするというのは驚異的といえるだろう。ちなみに今回選出された中での最高齢は4位のジャンルイジ・ブッフォンの37歳で、いぶし銀の存在感を見せつけている。
1位:マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
ノイアーをGKと呼んでいては、彼の最大の良さを語ることはできないかもしれない。バイエルンを後方から支えるこの守護神はときにハーフウェイライン付近まで上がり、“スイーパー”としての役割も担っている。従来のGKには考えられないようなエリアで、素晴らしい働きを披露する。現在のサッカー界では文句無しに最高のGKといえるだろう。(theWORLD)

update: 2016年1月5日11:03 pm