公開日:2016/01/02

フィオレンティーナのベルナルデスキに興味

フィオレンティーナのベルナルデスキ
アンチェロッティのお気に入りでもあるようで
プレゼントとしても最適なのか

2015年12月20日、ジョゼップ・グアルディオラ監督が2015-16シーズン限りでの退任を発表(後任はカルロ・アンチェロッティに決定)。この一報は、間違いなくクラブに大きな衝撃を与えたはずだ。しかし、多くの選手が指揮官の決断に理解を示し、幸いにもチームが空中分解する最悪の事態には至っていない。世界トップクラスのタレントを最終ラインから前線まで満遍なく揃え、ブンデスリーガで首位を快走し、チャンピオンズ・リーグでも余裕でベスト16進出を決めた現チームに、これといった不足はない。1月に補強に動くとすれば、怪我人や退団した選手の“穴埋め”に限られるだろう。可能性がありそうなポジションのひとつが、負傷者が続出しているウイング。アリエン・ロッベンとフランク・リベリが相変わらず怪我がちで、ドグラス・コスタも11月下旬から戦列を離れている。このまま3人ともにウインターブレイク中での復帰に目処が立たなければ、ここにきて興味を示すフィオレンティーナの有望株フェデリコ・ベルナルデスキへのアプローチを強めるかもしれない。まだ21歳と伸びしろ十分な左利きのアタッカーは、世代交代を押し進める意味で格好の人材なうえ、同胞アンチェロッティ新監督のお気に入りでもある。バイエルンはすでに3000万ユーロ(約42億円)を用意とも。(SOCCER DIGEST Web)