クロース、グアルディオラは最高、クリンスマンは最低 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/12/12
クロース、グアルディオラは最高、クリンスマンは最低

今はレアルのクロース
グアルディオラとはだめだと思っていたが
今までで最高だった、と。
そしてクリンスマンには全て失わされたと
クリンスマンに何もかもダメだったと怒り

10代の頃から天才として扱われ、弱冠18歳でバイエルンのトップチームデビューを果たしたクロース。独紙『ツァイト』で、その時の指揮官であったクリンスマン監督に対し、「彼がバイエルンにいる間、僕はすべてを失った。試合でのアイディアや適切なコミュニケーション、それに成功も手にすることができなかったね」と厳しい時間であったことを告白した。一方で、自身の才能を開花させたユップ・ハインケス、ヨアヒム・レーヴ、ペップ・グアルディオラについては絶賛している。クロースは「試合でのアイディアやどのようにプレイするのかということは彼らから教わったよ。特にペップは今までで一番の監督だね」と話している。(theWORLD)