公開日:2015/10/25

とにかくグアルディオラが欲しいプレミアリーグ

マンチェスター・シティが口頭合意など
マスコミはグアルディオラがプレミアリーグに行って欲しそうで

今度はモウリーニョが不調のチェルシー
アーセナルはヴェンゲルの後釜に
しかしチェルシーが獲ったらモウリーニョは本当に嫌だろうな

バイエルン・ミュンヘンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が同クラブと契約延長しなかった場合、プレミアリーグで指揮をとる可能性が高いようだ。23日に英紙『デイリーメール』が報じている。グアルディオラ監督とバイエルンの契約は今季までとなっているが、現在はまだ契約延長には至っていない。同紙によると、アーセナルとチェルシー、そしてマンチェスター・シティが同監督に関心を示しているとされている。チェルシーでは現在ジョゼ・モウリーニョ監督が指揮をとっているが、リーグ戦で3勝2分4敗の12位と低迷が続いている。クラブ側は「最大限のサポートを続ける」と声明を発表し、同監督に大きな信頼を寄せていることを明かしているが、このまま不調が続けば見切りをつける可能性もある。ただし、モウリーニョ監督は今夏にチェルシーとの契約を2019年まで延長した。アーセナルに関しては調子が上向きはじめ、レスター・シティ戦で勝利して以降リーグ戦で3連勝を飾った。順位も2位につけ、順風満帆の日々を送っている。また、アーセン・ヴェンゲル監督とクラブは2017年まで契約を残しており解任される可能性は低い。グアルディオラ監督が就任するとなれば2017年以降になると予想されている。(フットボールチャンネル)

その去就に注目が集まるバイエルン・ミュンヘンのペップことジョゼップ・グアルディオラ監督が、クラブとの契約延長を果たさなかった場合、行き先はイギリスの首都ロンドンになるのではないかと、英地元紙「デイリー・メール」が報じている。グアルディオラ監督に関しては、契約満了と同時に今季限りでバイエルン指揮官の座を退任し、マンチェスター・シティの新監督に就任するのでは、という噂がある。すでにシティ側と合意に達したとの報道もあれば、クラブのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが残留を示唆するコメントを残すなど、二転三転の状況が続いている。そうしたなか、レポートによればグアルディオラ監督はプレミアリーグでの指揮を望んでいるが、特にロンドンでの仕事を希望しているという。ロンドンを本拠地とするクラブの代表格といえば、昨季リーグとリーグカップを制したチェルシーやアーセナルが挙げられる。チェルシーを率いるのは名将ジョゼ・モウリーニョ監督だが、今季は成績不振で、現在9試合を終えたリーグ戦で12位、UEFAチャンピオンズリーグでも3節を終えてグループ3位に位置するなど苦しい戦いが続く。ピッチ外でも審判批判で罰金処分を科されるなど、今季はネガティブな話題ばかりが先行する。辞任の可能性こそ否定しているが、解任も囁かれており、その場合の後任がグアルディオラ監督になる可能性もあるようだ。そして、アーセナルではアーセン・ベンゲル監督が来季の終了後に退任する考えがあると報じられたこともあり、その場合の後任人事には注目が集まるだろう。グアルディオラ監督とバイエルンの契約は現時点で今季終了時まで。そのため、“ガナーズ”の指揮官就任のためには1年間待つ必要はあるが、20年に渡ってアーセナルを率いた重鎮ベンゲル監督の後継者として、バルセロナやバイエルンで多くのタイトルを獲得してきた若きスペイン人監督は、うってつけの人材と言えそうだ。(Soccer Magazine ZONE web)

レドナップはグアルディオラ獲得に反対

マンチェスター・シティは、バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督の招へいを狙っていると言われている。だが、指揮官の手腕だけでは勝てないとイギリス『イブニング・スタンダード』でのコラムで述べた。「グアルディオラは素晴らしい監督であり、私は大好きだ。しかしワトフォードやサンダーサンドといったチームを率いたら6位以内に入ることはできないだろう」だからこそ、自国の若手にチャンスを与えるべきだとレドナップ氏は考える。上位クラブで好選手たちを率いれば、若き可能性がさらなるチャンスをつかむかもしれない。「監督としての才能に恵まれたイギリス人はたくさんいるはずだ。グアルディオラを追いかけるのはやめて、彼らにチャンスを与えるべきだ」「若手イギリス人監督が(マヌエル・)ペジェグリーニに代わってマンチェスター・シティを率い、ヤヤ・トゥーレやダビド・シルバ、セルヒオ・アグエロを擁したならば、中位にとどまることはないだろう」(Goal)