公開日:2015/09/25

イングランド代表監督候補にグアルディオラ

イングランド代表の監督にグアルディオラを狙っている
マンチェスター・シティが次期監督候補というか

もうバイエルンの契約切れたらシティに来るみたいな感じになっている
しかしイングランドサッカー協会もグアルディオラを監督にしたがる
本人はうんざりで記者会見も打ち切った

カール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、契約満了となる来年夏にも元バルセロナの指揮官がバイエルンに残ると語っていた。「ひとつ確かなことがある。我々は良いチームだということだ。そして、良いチームには良い監督が必要だ」と、ルンメニゲCEOは『ドイツ通信社』のインタビューに答えている。「私は、ペップが2016年7月30日まで残ってくれることに楽観的だよ。我々にはファーストクラスのチームがあり、また素晴らしいクラブ、スタジアム、街がある。我々は今後数週間のうちにペップと真剣な会談を行うつもりだ。それで何が起きるか見てみよう」しかしながら、英紙『サン』によれば、グアルディオラ監督はフランスでの欧州選手権を控えるホジソンが去ったあとのFAの候補者リストのトップにいるとされている。来年7月で契約満了となるイングランド代表監督の将来は、いまだ不透明だ。FAの最高経営責任者を務めるマーティン・グレン氏は、欧州選手権がある夏以降まで契約延長の話し合いを延期することを望んでおり、ホジソン監督のパフォーマンス次第だとしている。(フットボールチャンネル)

バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督は、試合前日の会見を突然打ち切った。原因は、指揮官の琴線を激しく揺らした1つの質問にあった。グアルディオラ監督の現行契約は、今季限りで満了となる。周囲は去就を気にするが、本人は自身の今後に関する話に、口をつぐみ続けてきた。これまでも、プレミアリーグのマンチェスター・シティを率いるとの噂が根強く流れたことがあった。25日には、新たな噂が浮上した。同じイギリス行きでも、クラブチームではなくイングランド代表の監督としてリストアップされていると、イギリスのタブロイド紙が報じたのだ。25日に行われた試合前日の会見で、グアルディオラ監督に対してこのニュースに関する質問が出た。「頼むよ、私はバイエルン・ミュンヘンの監督なんだ」と返したグアルディオラ監督。「どうもありがとう、アウフヴィーダーゼーエン(さようなら)」との言葉を残して、席を立ってしまった。この質問の前にも、グアルディオラ監督は「次の質問をどうぞ」と受け流し、苛立ちをうかがわせる場面があった。試合前日でもあり、さらにナーバスになっていたのかもしれない。(Goal)