動けビダルとベッケンバウアー | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/09/20
動けビダルとベッケンバウアー

ベッケンバウアーがビダルは動かないからいらない
しかしグアルディオラは重要な選手で必要。と

ベッケンバウアーもビダルをただいらないと言っているわけではなく
本当はもっとできる選手だと

そんな悪いと思ったこと無いが
終盤に踏ん張らなきゃ行けないとき
やらなきゃ行けないとき闘志をもやしてくれるんだろうなと期待している

バイエルンの名誉会長を務めるフランツ・ベッケンバウアー氏が、今夏ユヴェントスから獲得したチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを批判した。イタリアメディア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。同氏は新天地でインパクトを残す活躍を見せられていないビダルを、「ピッチの真ん中から動かない選手は必要ない。それは我々が期待しているものではないからね」と批判。そして、「もっと良いプレーができるはずだ。パスをミスすること、競り合いに負けることがあるのは当然だが、最大限の努力をすることが必要だよ」と言及した。一方、同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、「私はベッケンバウアーの言葉には賛同しない。アルトゥーロはバイエルンの選手であり、我々にとって重要な選手だ。私はビダルに限らず数字は気にしないが、それでもデータは彼に味方している。満足しているよ」とベッケンバウアー氏の意見に反論し、ビダルを擁護している。

バイエルン・ミュンヘンのフランツ・ベッケンバウアー名誉会長が、今季の新戦力アルトゥーロ・ビダルを批判した。期待を下回るパフォーマンスに終わっているビダルについて、ベッケンバウアー氏はこのようにも述べている。「もっと良いプレーができるはずなのは確かだ。パスをミスすることや、ぶつかり合いで負けることはあり得る。だが、最大限の努力はしなければいけない」だが、ジョゼップ・グアルディオラ監督はすぐにビダルを擁護し、騒動の火消しにかかっている。「ミスター・ベッケンバウアーの発言には賛同しない。アルトゥーロはバイエルンの選手だ。我々にとって重要な選手となるだろう。データも彼に味方している。前回の試合も示しているようにね。だが、私には興味ないことだ。私は彼に満足している。どんな数字であってもね」(Gazzetta.it.)

バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督が、「皇帝」の異名を持つフランツ・ベッケンバウアー名誉会長のチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルに対する批判に反論している。ドイツメディア「Sport1」が報じている。ベッケンバウアー名誉会長は、3-0で快勝したUEFAチャンピオンズリーグ1次リーグ初戦オリンピアコス戦で見えた今季新加入のビダルのパフォーマンスに不満を示している。「我々は十分な戦力を保有している。動かない選手は必要ない。もっと高いレベルのプレーができるはず。パスをミスすることも一対一で敗れることもあるだろうが、もっと努力をする必要がある」と奮起も促した。しかし、グアルディオラ監督は偉大なクラブレジェンドの意見に反対している。「ベッケンバウアー氏の意見には同意できない。私は彼に満足しているし、すでにチームの重要な選手となっている」と反論。チリ代表MFを擁護している。オリンピアコス戦でビダルは79分間の出場で9.5キロの走行距離、パス成功率92.5パーセントを記録した。指揮官は「スタッツには興味がない」とも話しており、数字に現れない部分の貢献も含め、ビダルを評価しているようだ。(Soccer Magazine ZONE web)