リベリー、復帰はまだまだ

リベリーの右足首がなかなか治らない
復帰はまだまだらしく残念なコメントが目立つ

コスタががんばれるのでゆっくりと治してもらいたい

バイエルン・ミュンヘンMFフランク・リベリは、今週中に負傷している右足首の再検査を受けるようだ。ドイツ『キッカー』によると、リベリはまた痛みを感じ出している。3月11日に行われたチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦後に痛みを訴え、当初は軽傷と見られていたリベリ。しかし、のちに関節包の炎症および慢性的な骨膜炎と診断され、いまだに復帰の見通しが立たない状況だ。マティアス・ザマーSD(スポーツディレクター)は『キッカー』で、「うまく前へと進めていない」とリベリのリハビリが順調に進んでいないと認め、復帰時期に関するコメントを控えた。リベリがギプスを外したとクラブが公表してから1カ月半。カール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、先月11日の会見で「そう遠くないうちにピッチへ戻れることを願っている」と、早期復帰の可能性を示唆していたが、リベリはまだしばらく離脱が続く模様だ。ゴール

update: 2015年8月27日11:51 pm