ラーム、ミュラーは移籍しない、心臓は真っ赤に鼓動している | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/08/25
ラーム、ミュラーは移籍しない、心臓は真っ赤に鼓動している

ミュラーが欲しくて馬鹿らしい額を出す
マンチェスター・ユナイテッド

それにラームがコメント、値札は付いてない

ユナイテッドはバイエルンに正式オファーを出したと伝えられており、8500万ユーロ(約117億円)の移籍金を提示したとされる。それでも移籍はないと、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは繰り返しコメントしており、ラームもドイツ『Munchner Mekur』のインタビューで、次のように語った。「トーマスは僕たちのお手本の1人で、値札はつけられない存在だ。彼はずっとバイエルンで過ごしてきた、とても、とても大切な選手なんだよ」ユナイテッドへは今夏、バイエルンの下部組織出身のバスティアン・シュバインシュタイガーが移籍した。昨夏にも下部組織出身のトニ・クロースがレアル・マドリーに移籍しており、クラブのアイデンティティーが揺らいでいるのではないか、という指摘もある。だがラームはこれについても、次のように反論した。「バイエルンのアイデンティティーに対する懸念なんてない。いまのチームを見てくれ。トーマス・ミュラー、ホルガ―・バドシュトゥバー、ダビド・アラバ、僕。みんなユースの出身だ。それに、マヌエル・ノイアー、アリエン・ロッベン、フランク・リベリは、もう長い間バイエルンでプレーしている。彼らの心臓は真っ赤に鼓動しているんだよ」(Goal)