ダンテが欲しいレヴァークーゼン

レヴァークーゼンがダンテを欲しがる
やっぱりワールドカップでドイツにぼこぼこに

負けてからやっぱりちょっと厳しい感じ

独『キッカー』など複数のメディアが伝えたところによれば、CBの補強を狙うレヴァークーゼンが31歳のブラジル人CBに関心を持っているようだ。同クラブはCBのファーストチョイス、トルコ代表DFオメル・トプラクが負傷でピッチを離れているため、今夏のCBの補強に動き出していた。ダンテはクラブでメディ・ベナティア、ジェローム・ボアテングのバックアッパーと位置づけられており、出場機会は限られている。自身を高く評価するクラブが現れれば移籍に傾くことも考えられるが、同選手の代理人を務めるマルクス・マルティン氏はオファーの存在を否定した。「我々のところにはそういった話は来ていない。ダンテは現時点では移籍を望んでいないよ」(theWORLD)

バイエルン・ミュンヘンから、今夏の新たな退団選手が出る可能性がある。レヴァークーゼンがDFダンテに興味を抱いているのだ。バイエルンの主力としてプレーしてきたダンテだが、今季は勝手が違うかもしれない。DFBポカール初戦では終盤の交代出場にとどまり、ブンデスリーガ開幕戦はスタンドから見守った。この状況を鑑みてか、レヴァークーゼンが動き出したようだ。同クラブでは守備陣にケガ人が続出したという問題がある。両クラブはすでに接触したと、ドイツ『ビルト』は伝えている。この交渉で、バイエルンは900万ユーロを求めた模様だ。ダンテの現行契約は、2017年までとなっている。この夏にもダンテは、バイエルン残留の意思を強調いていたが…。(Goal)

update: 2015年8月21日11:42 pm