公開日:2015/07/17

ビダル獲得寸前、出す側のユヴェントスはゲッツェを欲しがるが

ビダル獲得情報が出てあっという間に決まってしまうかもしれない
前から何度か欲しがったビダル

ビダル獲得を考える | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン:FC Bayern
ユヴェントスのビダルに興味 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン:FC Bayern
次はボアテングとビダル | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン:FC Bayern
出す側のユヴェントスはゲッツェを欲しがるは
バイエルンはソレとコレは話しは別。

4シーズン続いた冒険が終わりを迎えた。アルトゥーロ・ビダルがユヴェントスに別れを告げ、ミュンヘンに移籍する。バイエルン・ミュンヘンは16日朝、ユヴェントスと合意に達した。同日午後、ジュゼッペ・マロッタ代表取締役はドイツに向かい、最後の細部も調整されている。ユヴェントスは3700万ユーロ(約50億円)の移籍金にボーナスとして300万ユーロ(約4億円)、合計4000万ユーロ(約54億円)を手にすることとなる。正式発表も近いだろう。24時間もかからない、あっという間の交渉だった。バイエルンは15日朝にビダルの獲得に動き出し、同日のうちに両クラブのコンタクトは増していった。ユーヴェの要求は4500万ユーロ(約60億8000万円)から始まり、バイエルンの提示額は3000万ユーロ(約40億5000万円)だったが、15日の時点で交渉がかなり進んでいることは明らかだった。そして残りの差も16日に埋まる。バイエルンがオファーを3500万ユーロ(約47億3000万円)に上げ、さらにボーナスも加えたのだ。バイエルンはビダルと年俸650万ユーロ(約8億8000万円)の5年契約で合意している。だが、話はビダルの移籍だけで終わらない。ユヴェントスはマリオ・ゲッツェの獲得に動いている。ゲッツェはバイエルンと中国ツアーに向かうが、交渉がポジティブな結果となれば、いつ呼び戻されてもおかしくない。明確にしておくべきは、ビダルとゲッツェの移籍は別々の話ということだ。ビダルの放出が決まっても、ゲッツェがユーヴェに加わるとは限らない。だが、ユーヴェはビダル売却で得る資金の一部をこの投資に回すつもりだ。ユヴェントスは15日にゲッツェの代理人に対して最初の打診をしている。今はバイエルンにも仕掛けているところだ。ゲッツェはバイエルンからの移籍を望んでいる。ペップ・グアルディオラ監督とはすでに良好な関係になく、ユヴェントスは望ましい移籍先だ。ユーヴェはボルシア・ドルトムント時代からゲッツェを評価している。(Goal)

バイエルンとユヴェントスがMFアルトゥーロ・ビダルの移籍に関して合意間近だと報じられている。移籍金は2800万ポンド(約54億円)である。すでに4年契約を結んだと報じているメディアもある。しかし、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ社長は移籍合意について明言することを避けている。最後にはビダルのバイエルン加入が決定することを望んでいる。(ルンメニゲ社長)「今は何も決定していない。待つ必要がある。移籍市場が閉まる前に決定したい」とルンメニゲ社長は述べるに留まった。ビダルは2007年にレヴァークーゼンの選手として台頭してきた。2011年、バイエルンが有力な移籍先候補となったが、レヴァークーゼンがブンデスリーガのライバルチームに移籍させることを拒否し、ユヴェントス移籍が決定したという経緯があった。(BallBall)

イタリア王者ユヴェントスが獲得に関心を示していると伝えられているバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェについて、新シーズンからユヴェントスの一員となったマリオ・マンジュキッチがコメントした。英『フォー・フォー・ツー』が伝えている。「マリオはどのチームでもプレイ出来る。彼は優れたクオリティの持ち主で、しかもいいヤツなんだ」マンジュキッチは13/14シーズンにバイエルンでともにプレイしたゲッツェを称賛し、そのクオリティが確かなものであると強調した。(theWORLD)

バイエルン・ミュンヘンは、ユヴェントスMFアルトゥーロ・ビダルの獲得に近づいている。4年前にもバイエルンは、当時レヴァークーゼンに所属していたビダルの獲得に動いていたという。16日、中国ツアーに向かう空港でのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOのコメントを、各メディアが伝えている。ビダルの移籍がすでに合意に達したという報道について、ルンメニゲ氏は「我々の関心は否定しないが、すべてがすでにまとまっているとの報道は正しくない」とコメント。ただし、「関心は抱いているが、移籍契約や選手との契約はまだだ。もう少し辛抱しないといけない。だが、最終的には彼が我々の下に来ることを望んでいる」と、コメントしている。獲得を狙うのは今回が初めてではない。ビダルがレヴァークーゼンに所属していた4年前にも、バイエルンは獲得に動いていた。しかし、ビダルはユヴェントスへ移籍してしまう。当時、ルンメニゲ氏は「ビダルが加入しなかったことはまったく残念に思わない。彼のようなプレーヤーはバイエルンで見たくないね」と、怒りのコメントを発していた。なぜ、そこまで心変わりしたのか。その理由を、ルンメニゲ氏はこう明かしている。「1年前から、かつてレヴァークーゼンで働いていたミヒャエル・レシュケが我々のクラブに加わっている。彼は当時の真相をすべて教えてくれたんだ。レヴァークーゼンは、ビダルがバイエルンに移籍することをとにかく避けたかったようだ」「(当時のバイエルン監督)ユップ・ハインケスはビダルを欲しがっていた。我々は彼の獲得に力を入れたが、選手本人がバイエルン移籍を望んでいないと伝えられたんだ。 だが、それは事実ではなく、レヴァークーゼンはビダルがバイエルンに向かうことを避けるために、より高額だった我々の獲得オファーを断ったということだ」(Goal)

バイエルンはユヴェントスからチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを獲得することで合意に至っており、同紙でも移籍金3700万ユーロ(約50億円)に300万ユーロ(約4億円)のボーナスを加えた4000万ユーロ(約54億円)で取引がまとまったと報じている。選手とは年俸650万ユーロ(約8億8000万円)の5年契約が交わされるようで、近日中にも正式発表される見込みだという。そこでユヴェントス側はバイエルンに対してゲッツェの情報を求めたようだ。ユヴェントスは今夏、イタリア代表MFアンドレア・ピルロがニューヨーク・シティへ移籍し、フランス代表MFポール・ポグバの去就も不透明となっており中盤の補強を目指している。そのためビダル売却で得た資金をゲッツェ獲得に使う方針のようだ。ただ、今回の交渉はトレードではなくそれぞれ別々の移籍になるため、ビダルのバイエルン移籍が成立したからといって、ゲッツェの獲得も決まるというわけではないと伝えられている。(SOCCER KING)

ユベントスに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルのバイエルンへの移籍が決定的となった。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、15日に交渉をスタートさせた両クラブだが、翌日朝には大筋合意。同日午後にユベントス幹部がドイツに向かい、詳細を詰めているという。移籍金はボーナス込みの4000万ユーロ(約54億円)となる見込み。年俸650万ユーロ(約8億8000万円)の5年契約が結ばれる。母国チリでプロキャリアをスタートさせたビダルは、2007年にレバークーゼンに移籍。ユベントスには2011に加入した。イタリアでもすぐにレギュラーを獲得すると、リーグ4連覇に大きく貢献した。またチリ代表としても、先日まで行われていたコパ・アメリカでチリを初優勝に導いていた。また『ガゼッタ』は、バイエルンのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェがユベントス入りに向かっていると報じている。これはトレードではなく、あくまでも別の移籍話だとしているが、ユベントスはビダル放出で得た資金をゲッツェ獲得に回すつもりだという。(ゲキサカ)