公開日:2015/07/06

ドグラス・コスタ、バイエルンに来れて本当に嬉しい

40億円で獲得したロベリーの後釜候補
ドグラス・コスタがバイエルンのユニフォームを着れて嬉しすぎ

24歳にしてセレソン入りを果たしているドグラス・コスタは、初めてのビッグクラブ挑戦を前に意気込みを表している。「ここにいられること、バイエルンのシャツを身に着けられることが本当にうれしい。すごく心地良い気分だ。この暑さですら、僕の適応を助けてくれるだろうね。すべてが完璧だよ!」「今後5年間バイエルンのユニフォームを着られることを喜んでいる。交渉が始まったときにバイエルンからの関心を知った。すぐに大きな希望が湧いてきたよ。期待に応えられるように、これから頑張っていきたい」ドグラス・コスタはブンデスリーガやDFBポカールのタイトルを望みつつ、欧州で頂点に立つ願望も示した。「このユニフォームを着たら、もちろん誰もがタイトルの獲得を夢見る。ドイツのリーグ戦やカップ戦、あるいはチャンピオンズリーグのタイトルなどだ。できるだけ多くのタイトルを勝ち取りたいと思っている」(Goal)