マテウス、ミュージアムから自分が贈呈した金のスパイクを持ち出す | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/05/24
マテウス、ミュージアムから自分が贈呈した金のスパイクを持ち出す

賑やかなマテウスがまた。
OBマッチに招待されなかったことに怒り

ミュージアムに贈呈したスパイクを持ち出した
ハリウッドしすぎ

バイエルンのレジェンド、ローター・マテウス氏(54)がバイエルン・ミュンヘンのクラブミュージアムに展示されていた自身の贈呈品を持ち出したようだ。独『エクスプレス』が17日に報じたところによると、マテウス氏は昨年行われたバイエルンOBによるオールスターマッチに招待されなかったことに対して腹を立て、ミュージアムに贈呈した1990年W杯優勝時の記念品、「金のスパイク」を持ち出したとのこと。マテウス氏と古巣バイエルンとの確執はこれまでにも伝えられており、金銭上のトラブルによって訴訟問題に発展したこともある。現役時代にも同僚のユルゲン・クリンスマンへの侮辱的内容を書いた自伝を発表したことによって主将の座をはく奪されるなど、トラブルメーカーとして知られている。最近ではグアルディオラ監督を批判し、「選手からの信頼を失っている」とメディアに話していた。(theWORLD)