ボアテングとレヴァンドフスキが喧嘩

まずはレヴァンドフスキが足を踏む、そして
ボアテングがレヴァンドフスキに激しいスライディングで
レヴァンドフスキが怒って不穏な空気に

必要な時に点が獲れなかったFW
重要な場面で失点してしまうDF
こう負けが続くとこうなってしまうか
しかし練習は激しくていい

20日に行われたバイエルンの練習で、ドイツ代表DFジェローム・ボアテングとポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが小競り合いを起こし、ジョゼップ・グアルディオラ監督が両選手を練習場からつまみ出すという事件が起こった。ドイツの各メディアが伝えたところによると、1対1の場面でレヴァンドフスキがボアテングの足を踏みつけると、すぐさまボアテングがスラインディングをお見舞い。両者がつかみ合いかけたという。だが、184センチのレヴァンドフスキとにらみ合う192センチのボアテングを、172センチと小柄なDFラフィーニャが勇敢に制止。170センチの元ドイツ代表DFフィリップ・ラームも仲裁に入り、大ごとにはならなかった。しかし、一部始終を目撃していたグアルディオラ監督は両選手にレッドカード、退場を命じた。練習で熱いファイトを見せたバイエルンだが、現在リーグ戦3連敗中。そのやる気のなさを批判する声も出ている。16日のブンデスリーガ第33節では、残留争い中の15位フライブルクに1?2の逆転負けという失態を演じたばかり。この結果、フライブルクは14位に浮上し、バイエルンの勝利をアテにしていた残留争い中のクラブのサポーターからは不満が噴出した。ツイッター上では、バイエルンの“残留争いゆがめ”で盛り上がり、雑誌『FOCUS』のウェブサイトには、『バイエルンがフライブルクに敗北。これは競争をねじ曲げているか?』なるアンケートが登場した。(56パーセントが「その通り。バイエルンは恥を知るべき」と回答。残り44パーセントは「ご冗談を。バイエルンに非はない」と答えている)不満はサポーターに限ったことではなく、残留争い中の当事者からも出ている。日本代表MF清武弘嗣と同DF酒井宏樹が所属するハノーファーは、リーグ第33節に約5カ月ぶりの勝利を収めたがフライブルクを抜けず、順位を一つ上げただけの16位にとどまった。すると、マネージャーのディルク・ドュフナー氏は「いくつかのクラブは、シーズン終盤にバイエルンと試合をさせてくれと申し出るようになるんじゃないか」と皮肉たっぷりのコメントを残している。だが、ボアテングとレヴァンドフスキによる闘争心あふれる行動は、バイエルンに対して「やる気がない」という批判がとんだ言いがかりだと証明することに、一役買った格好だ。ドイツ紙『ビルト』は、ロッカーに引き上げた後、両者が握手を交わしたことを伝え、さらに、今回のもめごとの背景には、ボアテングの疲労がピークに達していることに加え、双子の娘の養育権争いというプライベート問題が、関係しているのではないかと指摘している。(SOCCER KING)

20日の練習中、激しいスライディングを仕掛けたDFボアテングに、FWレバンドフスキが激高し、詰め寄った。ベナティア、ラフィーニャ、ラームのDF陣がすぐさま割って入り、両者を落ち着かせた。グアルディオラ監督は2人にロッカー室へ戻るように指示。ビルト紙によると、最後は握手で仲直りとなったという。(日刊スポーツ)

バイエルン・ミュンヘンの練習中にFWロベルト・レヴァンドフスキとDFジェローム・ボアテングが衝突し、両者ともにジョゼップ・グアルディオラ監督によって練習から外れることを命じられた。ドイツなどのメディアが伝えている。ドイツ『TZ』が連続写真とともに伝えたところによれば、発端はボアテングがレヴァンドフスキに食らわせた激しいタックルだったようだ。両者がつかみかかろうとするところに、すぐさまフィリップ・ラームやラフィーニャ、メフディ・ベネティアらが割って入って大事には至らなかったが、グアルディオラ監督は2人に練習から去ることを命じた。今季ブンデスリーガで3連覇を達成したバイエルンだが、その後はDFBポカールとチャンピオンズリーグでいずれも準決勝敗退に終わり、消化試合となったリーグ戦でも3連敗中。今季最終戦となる週末のマインツ戦を前に、チームのムードがさらに悪化することも懸念される。(Goal)

英紙『デイリー・メール』によると、20日の練習中に“事件”が起きた。FWロベルト・レワンドフスキから激しいチャージを受けたDFイェロメ・ボアテングが激怒。小競り合いになったところをDFラフィーニャやDFフィリップ・ラームが間に割って入り、2人を引き離した。その後もにらみ合う2人に対し、ジョゼップ・グアルディオラ監督はロッカールームに引き上げるよう指示。怒りのおさまらない様子のボアテングはピッチに唾を吐き、グラウンドをあとにしたのだという。すでに欧州CL、DFBポカール(ドイツ国内杯)の敗退が決まっているバイエルンは23日のリーグ最終節・マインツ戦が今季公式戦ラストゲーム。試合後にはブンデスリーガの優勝セレモニーも予定されているだけに、勝ってシーズンを締めくくりたいところだが、チーム状態は決して良いとは言えなそうだ。(ゲキサカ)

独『ビルト』が20日付けで伝えたところによると、練習中にFWロベルト・レヴァンドフスキがDFジェローム・ボアテングの足を踏んでしまい、これが原因で口論になったようだ。普段はこういったことで滅多に怒りを露わにしないというボアテングがレバンドフスキに激しく怒り、これに応戦する形で一触即発の状態になり、ラーム、ベナティアらが止めに入る事態にまで発展。この諍いに対して、すかさずグアルディオラ監督が2人をロッカールームに連れて行き、なんとか和解させたようだ。クラブはボアテングの過度な疲労がフラストレーションの原因になっていると考え、今シーズン公式戦43試合に出場する同DFのために、6月10日のドイツ代表のアメリカ戦と、13日のジブラルタル戦を欠場するようレーブ代表監督に直訴することを考えているとのこと。ボアテングは連戦による疲労以外にも、異母兄弟のプリンス・ボアテングがシャルケとの契約を解除されるなど、ピッチ外にも悩み事を抱えるだけに、とうとうストレスが限界に達してしまったということだろう。(theWORLD)

update: 2015年5月23日9:36 pm