バラック、グアルディオラのサッカーは・・・ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/05/21
バラック、グアルディオラのサッカーは・・・

バイエルンOBのバラック
グアルディオラのサッカーを語る

FCバルセロナで大きな功績を残したグアルディオラ監督は、バイエルンをボールポゼッション重視のチームに作り替えたが、2012-13シーズン王者が再び欧州を制覇するためには、活発なプレーが必要になるとバラック氏は言う。元ドイツ代表主将はAFPに対し、「われわれは、勝つサッカーが好きな一方で、楽しいサッカーを見たいとも思っている」と語った。「もちろん、彼はボールをキープするのが好きだし、できる限りポゼッションを重視したい。でも、ときにはイングランドのように、激しくてオープンなサッカーが恋しくなるんだ」「彼がFCバルセロナでやっていたサッカーは、もっと『ティキ・タカ』っぽいものだった。でも、相手が守備に徹するチームの場合、試合は退屈なものになってしまうことがある」「それは、サッカーの観点からすると良くないね。ペナルティーエリア内でボールを回して70~80パーセント保持したとしても、多くの得点チャンスは望めない」「ボールをキープすることと、攻撃を仕掛けることのバランスが重要だ」(AFPBB News)