いよいよバルセロナ戦 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/05/06
いよいよバルセロナ戦

チャンピオンズ・リーグの中でも最高のカード
バイエルン vs バルセロナ
グアルディオラの凱旋、グアルディオラ vs バルセロナ
メッシ、スアレス、ネイマール vs バイエルン
それでもやっぱりグアルディオラ vs メッシ
グアルディオラはどんな表情をするのか?

欠場決定は
リベリー、ロッベン、アラバ、バードシュトゥーバー、ローデ、シュタルケ
とがっかりな状況の中どんな布陣で行くのか

グアルディオラ

ビッグクラブを指揮していれば、いずれカンプ・ノウに戻ってくる機会が訪れると思っていた。とはいえ、懐かしい人々に感謝するために来たわけではなく、自分の仕事をするために来た。負傷者のことを嘆いていては、リーグ戦で優勝を決めることはできなかったはずだし、DFBポカール(ドイツカップ)の準決勝やチャンピオンズリーグの準決勝のステージにたどり着くことはできなかっただろう。私は負傷者について不平を言わなかったし、これからも言うつもりはない(theWORLD)

バルセロナの対戦は可能性がある3つのうちのひとつだった。私にとってとても特別な試合になる。チアゴ(アルカンタラ)やスタッフにとってもだ。バルセロナは私のホーム。他に言うことはない。古巣であり、一緒に仕事をした選手たちについて悪いことは言えない。彼らとは多くを勝ち取った。(バルセロナは)偉大なチームであり、私たちと同じだ。毎試合行っているように、私たちは分析し、テストするだろう。メッシのプレーをこれまではとても楽しんでいたけど、今は彼のプレーに苦しむことになる。メッシをコントロールするための最高のディフェンスシステムを構築したい(SOCCER KING)

ここにいることができて素晴らしい気分だ。たくさんの思い出があり、私にとって最高の瞬間だ。だけど私はバイエルンの指揮官として試合をするためにここに来た。それが私の仕事だ。明日(6日)の試合で勝つためにできる限りの準備をしなければならない。バイエルンのようなビッグクラブを率いていれば、今回のことは遅かれ早かれ起きたことだ。私にとっては初めての経験だが、歓迎されれるために来たのではない。職務を全うするため、バイエルンを決勝に導くためにここに来た。すべての監督が最高のコンディションで試合を迎えることを望んでいるが、シーズンではこういうことも起きる。ほかに選択肢はないのだから、 今いる選手で準備をする。バルセロナ時代もそうだったが、バイエルンの監督としても選手がいなかったから勝てなかったと私が言うことはない(AFP=時事)

バルサは非常に重要な人生の一部だ。今までは全てだった。しかし、今は勝つためにここにいる。いろいろ思い出すのは当然だよ。バイエルンに来た時点で、遅かれ早かれこうなると思っていた。私は称賛するためではなく、バイエルンの決勝進出を見届けるためにここにいるんだ(ISM)

私にとって特別な試合だが、私は今、バイエルン・ミュンヘンの監督だ。仕事を全うするためにここに来た。バイエルンとともに良い試合をして、決勝に進むために来たんだ。私のバルセロナに対するリスペクトは、(ゴールを祝う)喜びに示されるものではない。どう反応するのか、自分でも分からないよ。バルセロナは私の人生における一番大事な部分だ。でも、私は勝つためにここに来た(Goal)

戻って来られて嬉しい。たくさんの思い出がある。私にとっては特別だ。私はバイエルンの監督。簡単なことではないが、出来る限りを尽くす。バイエルンが決勝へ進むための仕事をこなすためにいる。バルセロナは常にボールを保持してくる。我々は注意深く見ておく必要があるだろう。(リオネル・)メッシやネイマールのプレーは予測不可能だ。右に来たと思えば、左に来る。強力なタレント集団を相手に勝ち点を獲ることは難しい。我々は得点を奪う必要がある。守りきるだけではほぼ不可能だ。バルセロナ戦は私の人生で重要なものの1つとなる(フットボールチャンネル)

グアルディオラ、メッシについて

今のような状態であれば、誰もメッシを止めることはできない。彼はいかなるディフェンダーにも対応できる。現状では、調子の良い彼を止められる選手はいない。彼の動きを制限し、パスを出させないようにしなければならないが、それでも彼を止めることはできないだろう(theWORLD)

メッシを止められるディフェンスなど存在しない。現在の彼を止めることは不可能だ。自陣を9人で守り、11人でハイプレスをかけても対応できない。常に最高のコンディションではいられない。好不調の波はあるものだが、ここ数か月の彼のプレーにはお手上げだ。すごすぎる。距離を詰めて、 ボールを受ける前にブロックしなければならないのは分かっているが、彼ほどの飛びぬけた才能の前には戦術も監督も関係ない(AFP=時事)

また、今シーズンの公式戦で51得点とゴールを量産し、CLでも8得点を挙げているメッシにも言及。「今の彼のプレーでは、どんな守備陣であっても止めることができない。彼のチームは、(対戦相手が)9人でペナルティーエリアを固めて、全員でプレスをかけてくることにも慣れている。ここ3、4カ月のメッシのプレーを見れば、止めることなんて不可能だ。どんな守備システムでも、どんな監督でもね。あれだけのタレントからゴールを守ることはできない(ISM)

彼は、止めようとしたら止められなくなる。ほかのチームも彼を止めようとしてきた。ただ追いかけることになってはいけない。今の調子の彼を止めることなんてできないよ。彼への対策となる守備的なシステムは存在しない。うますぎるんだ。ただ、彼にボールが渡らないようにトライすることは可能だね。(Goal)

メッシ、グアルディオラについて

グアルディオラ監督とは、タイトルという最も重要なものを手にしただけでなく、選手として成長させてもらい、多くの事を学んだ。監督は僕らのことを理解しているし、僕らも彼がチームに求めることを知っている。50-50の試合だ。ともに、互いのことをよく知っているからね(ISM)

ペップ(グアルディオラ監督)は僕らのことをとてもよく知っている。何でも分析するタイプの監督だからね。バルセロナを去ってからはあまり連絡を取っていないが、当時はすごく良い関係だった。僕はサッカー選手になった日から覚えてきたことを、忘れないようにと心掛けているんだ。ペップには最高の勉強をさせてもらった。観客はペップを温かく迎えるはずだよ。もちろん試合が始まればファンは僕らを応援するだろうけど、彼はここにいるとき、多くのタイトルをもたらしたんだから(SOCCER KING)

退団してからのペップとは関係がない。FIFAのセレモニーで1回会ったけど、それ以外は連絡を取っていないよ。カンプ・ノウが彼にオマージュ? それはあるだろう。スタジアムの観客が彼にあさつし、感謝するのは正しいことだと思う。彼はここですべてに勝った。家の一つなんだ。あり得ることだよ。でも、試合が始まれば、観客も僕らの味方のはずだ。いつものように後押ししてくれると確信している。ペップがいるからといって、さらにモチベーションになるわけじゃない。この試合に懸かるものは大きいんだ。互いのことを知っているのが、どちらにより有利になるかは分からない。五分五分じゃないかな。このレベルになれば、有利不利なんてないんだ。バイエルンは優れた選手たちが集まるチームで、いない選手のことが影響することもないだろう。大会もここまでくれば、言い訳なんてないんだ。僕らだって2年前は彼らとの対戦にうまく臨めず、敗れた。それだけだ。言い訳はない。昨季は僕にとってもチームにとっても確かに大変だった。何も勝てなかったし、僕はピッチ内外で問題を抱えたんだ。ケガもしたし、復帰してからも調子が良くなくて、思うようにやれなかった。幸いにも、今年はうまくスタートして、正しい方向に向かえたけどね。ベルリンでトロフィーを掲げる自分を想像してはいない。僕はただ、バイエルン・ミュンヘンという素晴らしいライバルと対戦することだけを考えている(Gazzetta.it)

僕は今もなお学び続けようとしているけどグアルディオラ監督が率いていた時期は、選手としてめちゃくちゃ成長した。今更どのチームもプレッシャーなんて感じていない。バルサとバイエルンは自身の偉大さによって全てに勝つことが義務付けられている。プレッシャーではなく義務だ(フットボールチャンネル)

レヴァンドフスキ(フェースガード着用について)

直前まで様子を見ないといけないが、自分は全然怖くない(スポニチアネックス)

ノイアー

この試合がいかに重要かは分かっている。僕らはドイツ王者であり、CLも狙っている。今季のCLではここまでとても良い戦いをしてきた。バルサと僕らは互いに尊敬している。僕らはトップレベルのパフォーマンスをするはずだと確信しているよ。引いて守るつもりはない。得点を挙げることが非常に重要だ。フォーメーションやDFの数は重要じゃない。大事なのは姿勢だ。僕らはただ守るだけではない。攻撃にトライするよ。リスクは選手次第だ。ロベルトは、良いレベルのパフォーマンスができれば、自分にどれだけのことができるか分かっている。僕らは彼を信頼しなければいけない。出場すれば、それはリスクを負うことであり、彼もそれは分かっている。でも僕は、何があっても彼は100%を尽くすと思う(Goal)

ボアテング

我々を待ち受けているのは信じられないような攻撃陣だ。我々は一つのチームとして対応しなければならない。重要なのは、全員で守備をして、全員で攻撃すること。フォワードだけではない。バルセロナはチーム全体が世界トップレベル。自信を胸に敵地へ乗り込む。我々はFCバイエルンだ。何かを得るためにそこへ向かう。何としても決勝戦に進出したい(フットボールチャンネル)

ミュラー

彼らの強さは知っている。特に攻撃に関しては世界最高レベルだね。(リオネル・)メッシのドリブルを相手にするディフェンダーは本当に苦労するだろう。でも我々だって準備はできている。僕らの監督は、彼らを誰よりも知り尽くしている。きっと勝利へ導いてくれるはずだ。僕は楽観的に捉えているよ。自分たちならなんでも成し遂げられると信じているし、あそこ(カンプ・ノウ)で勝ってくるつもりだ(SOCCER KING)

シャビ・アロンソ

ケガのことは言い訳にならない。もちろん、全選手が出られる状態で臨みたかったけどね。僕らは同じ緊張感でこの対戦に臨む。ケガ人がいなかったときと同じようにね。僕は何度もバルサと対戦してきた。でも、今回はとても違う一戦だ。良い試合をしたい。(リオネル・)メッシを止めることは可能か? 彼は素晴らしい選手で、止めるのは簡単じゃない。でも、トライするよ。メッシと(クリスティアーノ・)ロナウド? 2人とも素晴らしい選手だ。彼らの得点を見れば分かるだろう。でも、マドリーにいたとき、僕にとってはクリスティアーノがベストだった。僕は彼のことを監督としてとてもリスペクトしてきた。一緒にしてきたほかのすべての監督たちと同じようにね。ペップと(ジョゼ・)モウリーニョ? 彼らはパーソナリティーが異なる。それぞれの下で仕事をし、直接知ることができたのは特権だ(Goal)

ハビ・マルティネス

準決勝の相手がどこになっても、僕たちには関係なかった。僕たちが望んでいるのはもう一度CLで優勝することだ。そのためには、世界最高のチームを倒さなければいけない。去年のレアル・マドリー戦は、心のしこりのようになっているかもしれない。でも、マドリーが相手になっていたとしても、僕たちは同じように試合に臨んでいたよ。バルセロナと対戦することになったけど、僕たちのハングリーさは同じだ。これだけケガ人が続いて出るのは信じられないね。シーズン中には、自分ではどうしようもないことも起きたりする。僕たちはシーズンを通じてそう(ケガ人が多く)なってしまったけれど、おかげで団結することができた。大事な時期を前に、本当にまとまっている。マドリーの最大の長所は、半分ほどのチャンスでゴールを奪ってしまうことだ。バルサが世界最高峰の選手たちを集めているとは思わない。そこにはクリスティアーノ(・ロナウド)やロッベンが入ってくるからね。でも、総合的に見れば一番難しい相手だ。彼らはボールを失ってから奪い返すのが非常に早い。それは重要なことだ。今のバルサは以前よりプレスをかけているし、集中して良い守備をしている。そして、彼らには(ルイス・)スアレスというキラー(殺し屋)がいる。彼は素晴らしく、チームのプラスになる存在だ(Goal)

メッシ

この試合が意味するところから、僕たちは(バイエルンと)対戦するモチベーションに満ちているよ。これは偉大なチームを相手にした準決勝だ。僕たちは以前のバイエルン戦で好ましくない負け方をしてしまった。だけど、あれから多くの時間が経ち、僕たちは違った形でここまでたどり着いた。僕たちはあの頃とは別のチームだし、2013年の試合のようにはならないよ。このレベルの試合でプレッシャーを感じる選手はいないよ。だけど、僕たちには決勝に進む義務がある。どちらのチームも、クラブの偉大さゆえに勝利を義務付けられているんだ。感じるとしたらプレッシャーではなく、義務だろうね(Goal)

ルイス・エンリケ

ペップは我々がやろうとしていることを、間違いなくお見通しだろう。彼はバルサの選手のことを理解しているし、監督としての私も知っている。彼がここで指揮をとっていた時、私はバルサのBチームを率いていたからね(ISM)

私はバルサの選手たちの才能をコントロールできない。彼らがアドバンテージを持っているよ。彼らは私を知っているからね。我々は、彼らのプランをどうにかして読みたい。だけど、彼らは私の考え方を知っているんだ。システムに関してはコンセプトがある。バルサの試合をいくつか見ているが、ニュアンスの部分で調整することになるね。コンセプトは微調整しているが、基本的なところは変えないよ(Goal)

グアルディオラが監督になってから、バイエルンは少しスタイルが変わったと思う。ポジティブな面を維持しつつ、自分のスタイルを加えていった。間違いなくヨーロッパ最強チームの一つだ。我々はペップを倒したいわけじゃない。我々が倒したいのはヨーロッパの伝統あるクラブ、バイエルンだ。我々はどちらもポゼッションを好む。彼はこちらの選手のことをみんな知っているが、それによって試合が決まるとは思っていないよ。こういった試合は、些細なところで決まるものだ。選手が以前の監督に会うことは素晴らしいが、それよりも試合の重要性を分かっている(Goal)

選手の離脱が決定的になるほどバイエルンはやわじゃない。彼等の危険性に変わりは無い。ペップに勝たねばいけないのではなく、歴史的なチームとの対戦を頭に入れている。ペップ監督が就任してから違うスタイル。前からあった長所に自身のスタイルを付け加えた。今見ているバイエルンは好きだよ、ヨーロッパでも最高のチームの一つだ。最前線は強力だし失点も少ない(フットボールチャンネル)

われわれはシーズン中、相手がぶつけてくる作戦を乗り越えてきた。たとえ相手がバイエルンとペップ(グアルディオラ氏の愛称)であっても、われわれはまた同じことをする。欧州サッカーで見られるなかで最も魅力的な試合のひとつになるだろう(ロイター)

マスチェラーノ

ディテールだ。こういった拮抗した対戦では、どちらが有利になるか、細部で決まるんだよ。(ISM)

シュテーゲン

僕たちはシーズンが始まってから前進した。スタートは少し難しかったけど、少しずつ良くなっていったね。僕たちは今、良い位置につけている。これ以上ない状況だ。シーズンの終わりまでこれを続けていきたい。CLは常に特別だ。僕はすべての選手、すべてのファン、すべての指導者が、このトロフィーをほしがっていると確信している。サッカーで成し遂げることができる最大の功績の一つだね(Goal)

カンプ・ノウでは、大一番のキックオフ前に観客がモザイク・アートを作ることが恒例となっており、この試合でも見られる予定となっている。今回はバックスタンドに「We are ready(準備は整っている)」のメッセージが浮かび上がり、両ゴール裏には「1992」「2006」「2009」「2011」と、同クラブがCLを制覇した年が刻まれる。バルセロナは、3月22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節、レアル・マドリードとの伝統の一戦“クラシコ”でも人文字を作っており、9万8000人の観客による芸術作品が話題になっていた。(SOCCER KING)

ノイアー対メッシの過去データ

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝で対戦するバルセロナとバイエルン・ミュンヘン。多くの負傷者を抱えるバイエルンが不利と見られているが、意外なデータが存在することを現地時間5日のドイツ紙『ビルド』が報じている。強力な3トップを擁するバルセロナ。今季3人ですでに合計100得点を超えており、史上最強との呼び声も高い。その一角を形成するFWリオネル・メッシだが、これまで一度もバイエルンのGKマヌエル・ノイアーから代表での対戦を含めて得点したことはないという。これまでに2010年南アフリカW杯準々決勝、2013年CL準決勝1stレグ、そして2014年ブラジルW杯決勝と3度の対戦があり、いずれもノイアーがシャットアウト勝ちを果たしている。(フットボールチャンネル)

グアルディオラとルイス・エンリケ

現在、バイエルンの監督はバルセロナを率いていたペップ・グアルディオラ。彼がバルサを2012年に離れて以来初めて古巣と対戦する。相対するルイス・エンリケ監督とは1996年から2001年までバルサのチームメイトとして、2009から2011年の間はペップがトップチーム、エンリケがバルサBの監督の間柄として共に過ごしている。(theWORLD)

クロース

もちろんバイエルンの幸運を望んでいる。チームのみんなもバルセロナよりバイエルンを推しているよ(Goal)

チアゴとバルセロナのラフィーニャの父:息子達が兄弟対決

私にとってはどちらが勝っても同じだ。心が等分に分けられているよ。2人のどちらを応援することもない。チアゴが先発で出場し、ラフィーニャがそうでなかったとしても同じことだ。私の50%ずつがそれぞれのチームの方にある。対戦をすごく楽しめるだろうね。誇らしいことだよ。ともかく、ひとつだけ確かなことは、私も決勝へ行けるということだね(笑)。抽選は落ちついて受け止めていたよ。決勝で対戦してほしかったが、こうなる可能性があることも分かっていた。良いタイミングでの対戦になってくれたよ。ラファもときどき出場できているし、チアゴは2年間負傷していてプレーへの強い意欲がある(Goal)

レーヴ

もちろんバイエルンがバルセロナに勝つ目はある。たとえバルセロナが現在とても良いチーム状態にあるとしてもね。バイエルンはけが人を抱えてはいるが、それでもなおトッププレイヤーが所属しているのだから。2戦目をホームで迎えることが出来ることはバイエルンにとって大きなアドバンテージだね。私は2つの魅力的なチームを見ることが出来てとても嬉しいよ。グアルディオラ監督にとって感情のこもった試合になるだろう。彼はバルセロナで現役時代を過ごし、監督としてもそこで大きな成功を成し遂げたのだからね。そのことがバイエルンにとってアドバンテージになるかって? 私はそうは思わない。このレベルの戦いでは相手のことを十分に知り尽くしたうえで試合に臨むものだから、当日になって驚くようなことはほとんどないさ(theWORLD)

あわせて読みたい