ガウディーノ、ヴァイザー、シュトリーダーがスタメン vs レヴァークーゼン | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/05/03
ガウディーノ、ヴァイザー、シュトリーダーがスタメン vs レヴァークーゼン

ガウディーノ、ヴァイザー、シュトリーダーをスタメンに
さらにピサーロもスタメンと言うところが

対戦相手 5.02:バイエルン 0-2 レヴァークーゼン(A)
得点
GK ノイアー
DF ラフィーニャ、マルティネス、ダンテ、シュトリーダー
MF ラーム、ガウディーノ、ヴァイザー、シュヴァインシュタイガー
FW ピサーロ、ゲッツェ
交代 62:マルティネス >>> ベナティア
64:ラーム >>> チアゴ
72:ピサーロ >>> ゲルトラー
ベンチ レイナ、アロンソ、ベルナト、クルト

今の厳しさであり、ブンデス獲ってこれからバルセロナ戦という
大一番があるから若手の経験としてもいいだろう、と
しかしいくらバイエルンでもこれでは厳しかったが
ハビ・マルティネスがスタメン、これはあったから良かった

PK戦の末、敗れた4月28日のDFBポカール準決勝ドルトムント戦から中3日。6日に控える欧州CL準決勝第1戦のバルセロナ戦を見据え、ジョゼップ・グアルディオラ監督はドルトムント戦から先発7人を入れ替えた。ドルトムント戦で負傷したFWロベルト・レワンドフスキのほか、FWトーマス・ミュラーとDFイェロメ・ボアテングもメンバー外となり、MFシャビ・アロンソ、MFチアゴ・アルカンタラ、DFメフディ・ベナティア、DFファン・ベルナトをベンチに温存。一方、長期離脱から復帰したDFハビ・マルティネスが今季初出場初先発を飾り、22歳のMFリコ・シュトリーダーも先発でブンデスリーガデビューを果たした。前半は0-0で折り返したが、レバークーゼンは後半10分、MFハカン・チャルハノールの直接FKで先制。同36分にもカウンターから途中出場のMFユリアン・ブラントが追加点を決め、2-0の完封勝利でバイエルンに今季3度目の土を付けた。(ゲキサカ)

敵地に赴いたバイエルンは、55分にチャルハノールにFKを決められて1点ビハインドに陥ると、同点にできないまま、81分にも失点。ゲッツェやピサロのチャンスは相手GKレノら守備陣に阻まれ、ノーゴールのまま敗れた。試合後、チャルハノールは「最高のGKからFKでゴールを奪えたのだから、余計うれしい」と喜びを口にした。一方、そのGKノイアーは「一番重要なのは、ケガ人を出さずに試合を終えたこと」とコメント。故障者が多く出ている状況で翌週にバルセロナ(スペイン)とのチャンピオンズリーグ準決勝に臨むことに触れ「バルサ戦は難しい試合になるだろう。でも、全力を尽くさなくてはならない」と語っている。(ISM)

試合開始5分、まずはバイエルンがチャンスを作る。左サイドでボールを受けたマリオ・ゲッツェが中央へ切り込んでミドルシュート。しかし、ここはGKベルント・レノがなんとかセーブ。こぼれ球をティン・イェドヴァイがクリアして難を逃れる。さらに26分、ジャンルカ・ガウディーノのパスに抜けだしたゲッツェが、キーパーと一対一の絶好機を迎える。ゲッツェは縦にドリブルし、レノをかわして右足シュート。しかし、ここはイェドヴァイが懸命のブロックで得点を許さない。このまま0-0で前半を折り返す。すると後半立ち上がりの55分、レヴァークーゼンに決定的な場面が訪れる。ペナルティエリアほぼ正面の位置でFKを獲得すると、ハカン・チャルハノールがカーブのかかったシュートを狙う。これがマヌエル・ノイアーが守るゴールを破り、レヴァークーゼンが先制する。続く82分、カウンターからカリム・ベララビが中央を突破し、ペナルティエリア右に走りこんだユリアン・ブラントへスルーパス。ブラントが豪快にゴール右へ叩きこみ、レヴァークーゼンが追加点を奪った。(SOCCER KING)

レバークーゼンは後半、トルコ代表のハカン・カルハノグル(Hakan Calhanoglu)がバイエルンの壁の上を巻く25メートルの直接FKを決め、昨年のブラジルW杯(2014 World Cup)の英雄ノイアーからゴールを奪うことに成功した。さらにレバークーゼンは、カリム・ベララビ(Karim Bellarabi)が長い距離のドリブルでバイエルンの守備を切り裂くと、最後はパスを受けたユリアン・ブランド(Julian Brandt)が、19歳の誕生日を自ら祝うゴールをしっかり決めた。4月28日のドイツカップ(German Cup 2014-15)準決勝にも敗れているバイエルンにとっては、2試合続けて残念な結果となった。しかし、すでにリーグ優勝を決めているジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督は、バルセロナ戦に備えてこの試合では主力の多くを温存した。(AFP=時事)

グアルディオラ

我々はもっと決定的なチャンスをつくらなければならなかったが、それでも今日のパフォーマンスにとても満足している。若手の選手たちも非常によくやってくれた(ゲキサカ)

非常に激しい、互角の試合だった。もっと良い、より決定的なチャンスをもっとつくらなければいけなかったね。でも、チームとここで見せたパフォーマンスにはものすごく満足している。若い選手たちもうまくやってくれた(Goal)

ノイアー

僕たちが気にしていたのは、だれもケガをしないということ。それが僕たちにとって最も重要だった(ゲキサカ)

ゴールを奪うことができなかった。でも、あのようなプレースキッカーがいるとき、こういった失点は起こり得るものだ。一番大事なのは、誰も負傷しなかったことだ。バルセロナに勝つのは難しいけど、僕たちはすべて出し切るつもりだよ(Goal)

ハビ・マルティネス

非常に苦しい時間を過ごした。やっとまたサッカーを思う存分楽しめる(公式サイト)

シュトリーダー

すごい経験をした。超最高だった、すごく楽しかった。こういう経験をできることを目標に頑張ってきた(公式サイト)

ゲルトラー

信じられない、言葉ではとても言い表せない。このために毎日練習してサッカーをしているということが、はっきりわかった(公式サイト)

チャルハノール

どうしてもノイアーからFKで得点したかったんだ。彼は最高のキーパーだからね(theWORLD(ザ・ワールド))