イニエスタ、バイエルン戦へのコメント | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/05/01
イニエスタ、バイエルン戦へのコメント

バルセロナのイニエスタ
グアルディオラのバルセロナの時代も本当に重要な選手
今も中心選手だがグアルディオラ vs イニエスタ
というのも非常にドラマがある組み合わせ

「グアルディオラがいれば不可能なことは何もない。ファーストレグで勝ったとしても、それですべて勝ったと思うわけにはいかないよ。彼が率いるチームに対しては、どんな結果も良いとは見なせないからね。準々決勝でポルトに対してやったことを見るだけでも分かるだろう」「勝負を決めるのは自分たちのパフォーマンスだ。2試合の両方で最大限の力を出し切らなければならない。そうでなければ決勝進出の可能性は下がってしまう」「また監督としてバルサに戻ってくるか? それは分からない。分かっているのは今季の僕らが大きなことを成し遂げられるということだけだ。それ以外のことはそれからだよ」「グアルディオラはバルサの歴史に大きな貢献をしたし、それは決して忘れられることはない。彼は自分の仕事に専念して、いつも選手たちを助けようとしてくれる。長い年月の間に、僕らは友人関係を築くことができたんだ」(Goal)

バルサの黄金時代を共に過ごした恩師グアルディオラ監督については「僕達の関係は友情そのものだ。僕のことをたまに思い出したりすると確信している。ただ、バイエルンには余るほど良い選手が勢ぞろいだから僕を必要としてはいない」と語った。バイエルンとの準決勝まであと1週間を切ったが、「自身のパフォーマンスが決定的になる。2試合とも最大限までプレーをしなければ、準決勝へ進出する可能性は少ない」と、気を引き締めた。古巣と再会することになるグアルディオラ監督への注目が集まるが、「当然のことだ。バルサの歴史に多いに貢献したことは忘れられない事実だ」と、同監督を絶賛している。バルサにとっては2012/13に2戦合計7-0と言う屈辱のリベンジを果たす絶好のチャンスになるが、「リベンジと言う言葉は好きじゃない。全てが順調にいく時もあれば、何も上手くいかない時もある。当時我々に起こったようにね」と冷静を装った。チーム全体が絶好調を維持して試合に臨むことに関しては「我々は目的を達成することに集中している。残り試合は少ないし、どんな些細なミスでさえ成功か失敗に繋がる。そして我々は成功を手にしたい」と、勝利への意欲を示した。(フットボールチャンネル)