いよいよロッベン復帰 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/04/27
いよいよロッベン復帰

これから“絶対負けられない”バルセロナ戦やドルトムント戦
がある中ロッベンがいよいよ復活する

ロッベンは先月22日のブンデスリーガ第26節、ボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦で負傷し、腹筋の肉離れと診断された。20日にはランニングなどの個人練習を再開し、復帰に向けて順調な回復を見せていた。ベナティアは今月8日のDFBポカール準々決勝レヴァークーゼン戦で筋肉を負傷。復帰までは2〜4週間を要すると見られていた。28日のDFBポカール準決勝ボルシア・ドルトムント戦に両者が出場できるかどうかはまだ定かではない。ロッベンはクラブ公式チャンネルで次のようにコメントしている。「それ(ドルトムント戦出場)は重要な問題じゃない。重要なのはもう一度健康な状態を取り戻すすことだ。様子を見る必要があるけど、予定よりは早まっているよ」(Goal)

ロッベンは先月22日のブンデスリーガ第26節、ボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦で負傷し、腹筋の肉離れと診断された。20日にはランニングなどの個人練習を再開し、復帰に向けて順調な回復を見せていた。ベナティアは今月8日のDFBポカール準々決勝レヴァークーゼン戦で筋肉を負傷。復帰までは2〜4週間を要すると見られていた。28日のDFBポカール準決勝ボルシア・ドルトムント戦に両者が出場できるかどうかはまだ定かではない。ロッベンはクラブ公式チャンネルで次のようにコメントしている。「それ(ドルトムント戦出場)は重要な問題じゃない。重要なのはもう一度健康な状態を取り戻すすことだ。様子を見る必要があるけど、予定よりは早まっているよ」(Goal)

3月22日に行われたブンデスリーガ第26節ボルシアMG戦で負傷交代を強いられ、腹筋の肉離れと診断されていたロッベンは、「再びピッチに立つことができて楽しいよ」とプレーできる喜びを感じているようだ。ベナティアは4月8日に行われたドイツ国内杯準々決勝のレバークーゼン戦で負傷交代し、軽度の肉離れを負っていることが判明していた。3冠を目指すバイエルンはUEFAチャンピオンズリーグでも準決勝まで進出しており、5月6日と12日にバルセロナと対戦する。(ゲキサカ)