チェルシーのイバノビッチに興味

チェルシーのDFイバノビッチをグアルディオラが欲しがっている
チェルシーとの契約延長がまだらしく
DFが若干弱いバイエルンとしてはここが強化ポイントではある

バイエルン・ミュンヘンが、今夏にチェルシーのDFブラニスラブ・イバノビッチの獲得に乗り出す可能性が浮上していると英地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。2008年にチェルシーに加入したイバノビッチは、今季リーグ戦32試合出場で4ゴール4アシストと、守備のみならず攻撃面でもチームに多大なる貢献をもたらしている。今年のリーグ戦第23節マンチェスター・シティ戦では、チェルシーでの300試合出場を達成。ジョゼ・モウリーニョ監督も「クラブ史上最高の人材の1人」と賛辞を惜しまなかった。その大活躍を受け、ブンデス王者がイバノビッチ強奪を目論んでいるようだ。ジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得を熱望していると伝えられている。2016年に契約満了を迎える31歳のベテランDFに対し、チェルシーは既に新たなオファーを提示している。しかし、30歳を過ぎている選手には決まって1年間のみのオファーというクラブの方針もあり、いまだ合意には至っていない。(Soccer Magazine ZONE web)

update: 2015年4月23日10:58 pm