公開日:2015/04/05

リベリーはアザール派、デ・ブルイネは微妙

リベリーはアザール派、加入の噂があるデ・ブルイネについては微妙
まあアザールはチェルシーが出さないだろうが

バイエルン・ミュンヘンMFフランク・リベリは、MFエデン・アザールが加入すれば、チームにとって大きいと考えている。一方で、ヴォルフスブルクMFケヴィン・デ・ブルイネは、バイエルンに合わないと感じているようだ。デ・ブルイネは、昨年1月にチェルシーを離れてヴォルフスブルクに加わり、見事な活躍を続けている。そのパフォーマンスが注目され、バイエルンが獲得に動いているという噂があった。だが、リベリはデ・ブルイネがバイエルンに適した選手ではないと見ている。ドイツ『シュポルト・ビルト』が、リベリのコメントを伝えた。「デ・ブルイネは素晴らしい。カウンターを仕掛けるときにね。ただ、バイエルンだと自分の前には3、4メートルしかない。あまりスペースはないよ。それでも彼は良い選手だ。それにまだ若い。まだ向上できるだろうね」一方で、アザールについてはこのように語っている。「彼はいつも攻撃をしている。仕掛けるのが好きだね。でも、彼はチェルシーの選手だから、バイエルにはすごく高いかもしれない」(Goal)