公開日:2015/03/27

父アラバ、レアルと会ってないって

アラバの代理人の父アラバ
レアルの関係者と移籍について会談したというが

会ってはないと、アラバも満足だという
捏造だったらもうなんでもありなんだな

スペインでの報道では、レアル・マドリーの代理人がウィーンを訪れ、アラバの父親と会ったと伝えられていた。これにより、今季終了後のアラバのレアル・マドリー移籍が噂されていた。だが、ジョージ氏は「私がレアル・マドリーの代理人と会ったなんて、真実ではない。会合なんて、ありはしなかった」とドイツ『キッカー』に語った。「我々が他のクラブと話す必要なんて、まったくない。ダビドはミュンヘンでとても幸せにしている」と、満足感を強調している。アラバ本人もこれまで、「僕はここでとても快適にしている。移籍なんて、考えもしないよ」と話している。アラバのバイエルンとの現行契約は、2018年までとなっている。(Goal)