グアルディオラと内田篤人のコミュニケーション | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/02/08
グアルディオラと内田篤人のコミュニケーション

2.3シャルケ戦での
グアルディオラと内田篤人のコミュニケーション

2月3日に行なわれたバイエルン対シャルケ戦の前半17分。バイエルンのセンターバック、ジェローム・ボアテングが、ペナルティエリア内で犯したファウルにより一発退場となった。PKを得たシャルケ。ライン上では両チームの選手たちが位置取りのためにうごめき、審判がそれをコントロールしようとしている。いたってよくあるシーンが繰り広げられていた。
ふとバイエルンのベンチ前に目をやると、グアルディオラがシュバインシュタイガーを呼び何やら話をしている。一人少なくなった後の戦い方、システムについて話し合いをしていることは想像に難くない。ベンチ前から少し視野を広げると、そこにはPKのプレイに加わらないのであろう、内田篤人が立っていた。
しばらくすると、内田はゴール前ではなく、バイエルンの話し合いに参加するかのようにそのベンチ前に寄っていった。グアルディオラが「あっちに行け」とばかりに内田の頭をはたく。表情までは見えないが、内田は「てへへ」とでも言いたそうな素振りでその場を去った。ほどなくしてシャルケのチュポモティングが放ったPKは外れた。
内田がそのときの行動を説明する。
「あそこにいたら、(グアルディオラとシュバインシュタイガーの)話が聞こえてきてさ。4-4-1にしようとか話していた。だからベンチに近づいていったら、監督に『ゴー・ホーム!』って言われたよ」
相手の作戦会議への参加を試み、追いやられたというわけだ。もちろん、本気でスパイをしようとしたわけではない。
「(グアルディオラは)めっちゃ、笑っていたよ。そういうユーモア、必要でしょ? 日本人にも」
振り返った内田はとても嬉しそうだった。(webスポルティーバ)

内田選手は本当にすごいなあ、こういうこともできてしまうのか
リベリーとのマッチアップのときに封じ込めたときから
顔だけじゃないんだなあと本を読んだりしたが
いちいちコメントが面白い
代表の試合のときリベリーも止められたんだから大丈夫だろと言われていたとき
簡単に止めたわけじゃなく死ぬ程つらかったみたいなことを言って
こういう本音を言っちゃう選手ってかっこいいなと思った

「1点は取られると思っていたけどね。だって(相手が)10人になっても俺らはボールを回されるし、ゴールの形、シュートまでもって行く形がキレイだもん。すごいなと思う。人数が足りていても、やっぱり守れないと思うもんね」
「俺、思うんだけど、相手が10人でも引き分けでよしと思っていたら、ずーっとバイエルンには勝てない気がするんだよね。悔しくて、勝たなきゃと思うようになっていかないと、この先も勝てないと思う。バイエルンはいいチームだし強いけど、そこに俺ら、食い込もうよって。ヨーロッパリーグを目指すチーム(リーグ中位という意味)じゃないしね」
「これがドルトムントだったら、(バイエルン相手の引き分けを)悔しがるんだろうな……」(webスポルティーバ)