首位バイエルン vs 2位ヴォルフスブルク戦 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/01/30
首位バイエルン vs 2位ヴォルフスブルク戦

やっと再開ブンデスリーガ
首位バイエルン vs 2位ヴォルフスブルク戦
リベリーとラフィーニャが欠場だがバイエルンにはいくらでも人がいる

ヴォルフスブルクはホーム負け無し
この記録も今回で終了だ

ミュラー

シーズン再開は嬉しいね。どの選手も調子は良さそうだ。3週間、みんなと一緒にトレーニングできた。良いパフォーマンスを見せられると思うよ(SOCCER KING)

(大きな勝ち点差は)僕らにとって良い蓄えだ。でもタイトルレースは計算してうまくいくものではないよ(SOCCER KING)

ボアテング

選手はみんな集中しているけど、最初の試合で何が起こるは誰にもわからない。上位にふさわしい、とても良いチームだ。アグレッシブだし、手強い相手だよ要所を押さえて良いスタートを切りたいね(SOCCER KING)

リベリーは肉離れ、ラフィーニャは左足首の外側靭帯を損傷で欠場

バイエルンは29日、MFフランク・リベリとDFラフィーニャが26日の午後のトレーニングで負傷し、ブンデスリーガが再開する30日のボルフスブルク戦を欠場すると発表した。リベリは右足太腿裏に肉離れを負い、ラフィーニャは左足首の外側靭帯を損傷。ともに約2週間の離脱を強いられ、2位ボルフスブルク戦だけでなく、3日のシャルケ戦、7日のシュツットガルト戦での欠場も余儀なくされた。(ゲキサカ)

バイエルンは29日、クラブ公式サイトでラフィーニャとリベリの負傷を伝えた。ラフィーニャは左足首のねん挫で2週間、リベリは右足太ももの後部を痛めて4週間の離脱になると明かされている。バイエルンは、30日に行われるブンデスリーガ第18節、敵地でヴォルフスブルクと対戦する。現在2位に位置するヴォルフスブルクとの勝ち点差は11と開いているが、主力2名が抜けてジョゼップ・グアルディオラ監督も頭を悩ませることになりそうだ。特にリベリの負傷は軽傷ではなく、2月3日まで練習にも参加できないとのことだ。4日から個別練習を再開させると見られる同選手だが、次のシャルケ戦、シュトゥットガルト戦の欠場は濃厚となっている。(Goal)

ヴォルフスブルクはかなりいい感じ

バイエルンが敵地に乗り込み対戦するのは、2位につけるヴォルフスブルク。順位は1つしか違わないとはいえ、その勝ち点差は11に開いている。さらに前半戦の失点数は17試合でたったの4、積み重ねた勝ち点数はクラブ史上2番目に多い45となっている。よって、バイエルンに分があると思われるこのゲームだが、対するヴォルフスブルクも決して負けてはいない。今シーズンのホームゲームでは、一度も黒星なし。シーズンをまたいで見ても、最後にホームで敗れたのは2014年の3月、さらにホームで迎えたリーグ戦の直近22試合では、必ず1ゴール以上を挙げているという。(SOCCER KING)

スタメン予想

ドイツ1部のブンデスリーガは30日(日本時間31日)、2位のヴォルフスブルクと1位のバイエルンの一戦で後半戦が再開する。ドイツ誌「キッカー」のスタメン予想は以下の通り。
☆ヴォルフスブルク
▽GK ベナーリョ
▽DF 張稀哲、ナウド、クノシェ、ロドリゲス
▽MF グスタボ、アーノルド、ビエイリーニャ、デブルイネ、ペリシッチ
▽FW ドスト

☆バイエルン
▽GK ノイアー
▽DF ロデ、ボアテング、ダンテ、ベルナト
▽MF シャビアロンソ、ロッベン、ミュラー、シュバインシュタイガー、ゲッツェ
▽FW レワンドフスキ
(スポーツ報知)

中国代表も出場するか?

チームを率いるディーター・ヘキンク監督は「彼はまだ我々のシステムやスタイルに慣れる必要がある。彼は辛抱強く耐える必要がある」と合流して間もない中国代表MFの起用に慎重な様子。一方、チャン本人は「僕はバイエルン相手に力尽きるまで全力を注いでいくつもりだ」と出場に意欲的な姿勢を見せている。ドイツでは珍しい中国人選手の獲得について、ピッチ外での収入が目的なのではと噂されていたが、ヴォルフスブルクのクラウス・アロフスSDは「彼の移籍はメディアに注目されているが、これはPRのために目立とうとしているわけではない」と全面的に否定し、「彼は中国最高の選手で、必ず我々の助けになるだろう」と、チャンの実力への信頼を強調した。(フットボールチャンネル)

シュールレ獲得寸前にざわつくヴォルフスブルク

チェルシー所属のドイツ代表MFアンドレ・シュールレのヴォルフスブルク移籍が目前に迫っていると、ドイツ誌『キッカー』が報じた。同紙によれば、すでにヴォルフスブルクとチェルシーは移籍に関して合意に達している模様。ブンデスリーガ復帰を望んでいるシュールレとの話し合いも終了しており、あとは契約書へのサインを残すのみと伝えられた。また、ヴォルフスブルクは移籍金3000万ユーロ(約40億円)でシュールレを獲得するとみられている。同紙は、ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネをチームに迎えた際の移籍金を上回り、クラブ史上最高額での加入になると記した。(SOCCER KING)

あわせて読みたい