グアルディオラ、バイエルン監督継続について | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2015/01/27
グアルディオラ、バイエルン監督継続について

グアルディオラ監督、長くやってもらいたい感じだが
バイエルンを率いるという夢は叶った。
将来は未定コメント

「ペップはバイエルンとの契約延長に興味ナシ?」
「ペップ、バイエルンでの続投を明言せず 来季以降の去就は…」
「グアルディオラがバイエルン退団を検討?」
とわざとバイエルンから引き離したいだろうというタイトルだが
別に否定的に言っているわけでも無い、交渉事だからゆっくり考えるだろう
どうしてもバルサやプレミアに行きたがせる
マスコミは本当にかぶれだなあ
じっくりと話し合ってもう少し長くいて欲しい

グアルディオラ監督は、バイエルンで指導できる喜びを感じながら、続投に関する明言を避けている。スペインメディアが伝えた。「何が起きても、私にとって素晴らしい時間だった。バイエルンを率いられて、とても幸せだった。それは私の夢だったからだ」「今シーズンが終わったときに、話す時間はたくさんある。バイエルンでの仕事は大きな挑戦だ。フットボールでは、今日と明後日ではまったく違う状況になる」バルセロナでは、数々のタイトルを獲得したグアルディオラ監督がスポーツディレクターとして復帰する可能性が取りざたされている。(Goal)

バイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督は、現時点で契約延長の話し合いはしていないようだ。26日の英紙『ガーディアン』が報じている。週末のファンクラブイベントに出席した同監督は「それ(契約延長)についてはシーズン終了後にじっくりと話し合う。フットボールの世界では次に何が起こるか分からない」と慎重な姿勢を見せる一方で「バイエルンで働くことは大きなチャレンジだった。このクラブの監督になる夢は叶った」と次なる目標を見据えていることを示唆。バイエルンとは2016年の6月まで契約を結んでおり、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOは「出来るだけ長くここにいることを望んでいる。彼が望むならばいつまでも残ることができる」としながらも、チャンピオンズリーグの結果が明確でないシーズン途中での話し合いを好まない同監督の考えを尊重した。グアルディオラ監督自身は、クラブが同じ監督で長い期間を戦うことは選手のマンネリ化を生むため勇気を必要とする決断であると過去に話していたこともある。バルセロナを率いた2008年から2012年の4年間では、最終年が就任してから最も獲得タイトルが少ないシーズンだった。(フットボールチャンネル)

バイエルン・ミュンヘンでのペップ・グアルディオラ監督の冒険は、終点にたどり着いていないかもしれないが、その手前なのかもしれない。25日に公式ファンクラブを訪問したグアルディオラ監督が、将来について問われてサポーターに“警告”を発している。続投するとの保証を与えなかったのだ。グアルディオラ監督の契約は2016年までとなっている。だが、バイエルンのフロントは契約延長を急いでいないようだ。ドイツ『Bild』が12月中旬にインタビューした際、カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役はこう述べている。「我々とペップの関係は最高だ。続投のために全力を尽くす。我々にとって彼は計り知れない価値なんだよ。数値に表すことができないほどにね。だが、契約は18カ月後に満了となる。彼にとっては非常に長いんだよ。彼は確証を求める人間ではない。彼は今だけに集中しているんだ」一方のグアルディオラ監督は、バイエルンでの冒険についてこのように述べている。「私にとっては挑戦だった。妻や子供たちにとってもね。何が起きるかは重要じゃない。私はここでかなりを過ごしたし、とても満足だった。これがすべてが私にとって夢だったんだ」グアルディオラ監督の発言は、その場の全員を動揺させた。だが、いつ新契約にサインするかを問われると、同監督は「夏にフロントと話す。どうなるかを見よう」と述べた。(Gazzetta.it)