公開日:2015/01/26

リベリー、2080年まで残留

ずっとバイエルンにいたい、バイエルンで引退したいとコメントしているリベリー
自分で決められるなら2080年までいたいと。
こおういうコメントは本当に嬉しくなる

選手やってコーチになって、監督もやってみてフロントに入って
そのあとも懐かしい話しを聞かせるガイドみたいになって
そのあともいろいろなって100歳まで

97歳になったフランク・リベリでも、イタリアのリーグならうまくやれると皮肉的に考える人もいるかもしれない。だが、彼はそれまでバイエルン・ミュンヘンから離れるつもりがないという。少なくとも、彼自身はそう願っている。ミュンヘン近郊のバイエルンファンクラブを訪問したリベリは、次のように述べ、その場に居合わせたすべての人から拍手を受けた。「どれくらいバイエルンに残るか? 僕だけで決められるのなら、2080年まで残りたい。僕はここでとても満足しているんだ。家族も居心地よく暮らしている。僕にとって、バイエルンは世界最高のクラブなんだ」リベリの現在の契約は2017年までだ。だが、彼はその契約を延長するつもりのようである。イタリアで彼を見ることができるとしたら、それはまだ先のことのようだ。ただし、ドイツ『Bild』は先日、バイエルンの2020年の予想フォーメーションを報じており、リベリは引退間近とされている。だが、本人からすれば、年金生活に入る前ということかもしれない。(Gazzetta.it)