グアルディオラ、ラグビー日本代表にアドバイス

サッカーの監督グアルディオラが
ラグビーの代表監督にアドバイス

ジャンルを超えてアドバイス
サッカーの日本代表にもアドバイスください

バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督が、2015年にイングランドで開催されるラグビー・ワールドカップに出場する日本代表チームに助言を与えることが明らかとなった。8日のイギリス紙『デイリー・ミラー』が報じた。同紙によると、日本代表のオーストラリア人ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏が日本ラグビーフットボール協会を通してグアルディオラ監督に打診したとされ、ワールドカップへ向けての準備に関して、助言を求めるという。ジョーンズ氏はバイエルンの練習場を訪れた際にグアルディオラ監督と面会。ラグビーとサッカーの共通点がワールドカップでの助けになり得ると確信しており、次のように語っている。「バイエルンの練習を見学し、グアルディオラとも本当にいい話ができた。私は我々が練習法を調整することで 大きく成長できると思っている。彼は世界最高峰のサッカーコーチであり、誰しも最高の人間から学びたいものだ。ラグビーとサッカーは非常に似ているし、ボールをスペースに運ぶスポーツだ。バイエルンと彼の前のチーム、バルセロナは最高のパスゲームをプレーした。根本原理は全く同じだ」(SOCCER KING)

ドイツ1部リーグ、バイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督が、2015年にイングランドで行われるラグビーW杯に向けて準備を進める同日本代表のサポート役を務めるという。9日付のスペイン紙スポルトが報じた。同紙によるとラグビー日本代表のエディー・ジョーンズHCと会談して「プレーのあらゆる局面で戦術的によりフレキシブルに対応できるよう」などと意見交換したという。ジョーンズHCは会談の主旨について「サッカーで世界最高の監督と話ができる機会を探していた。ラグビーとサッカーは似た要素が多く、トップレベルのサッカーのチームはスペースを作り出すために作戦とフォーメーションにバリエーションを持っている。だから最高の監督から学ぶことは大きなチャンス」だとしている。(デイリースポーツ)

update: 2014年12月11日2:34 pm