ゲッツェのスパイク3億円で落札 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2014/12/08
ゲッツェのスパイク3億円で落札

ゲッツェがワールドカップの決勝で履いていた
スパイクがオークションにかけられ3億円で落札

今夏に行われたブラジル・ワールドカップ決勝で、バイエルンに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが着用したスパイクがチャリティ・オークションに出品され、約3億円の値段で落札されたことが明らかになった。イギリス紙『デイリー・メール』が報じている。ドイツ公共放送局が実施した、子どもたちのためのチャリティイベント「ハート・フォー・チルドレン」のなかで行われたチャリティ・オークションに出品されたゲッツェのスパイクは、200万ユーロ(約2億9700万円)で落札された。なお、落札者は明らかになっていない。これに対しゲッツェ本人はドイツ紙『ビルト』のインタビューに応え、「ものすごいことだ。こんな数字がつけられるとは思っていなかったよ。200万ユーロは巨額だ。これはいいことだね。ただのスパイクにつけられた値段ではないんだ」と述べ、「ワールドカップをもたらしたスパイク」という付加価値に200万ユーロの値段がつけられたこと、これだけの額をチャリティに寄付してくれたことを喜んだ。(SOCCER KING)

現地時間7日、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(バイエルン)が2014年W杯決勝で、優勝を決めるシュートを放った際に着用していたスパイクが、チャリティーイベントで、約250万ドル(約3億円)で落札された。このスパイクは博物館に展示されるとのこと。ゲッツェは2014年W杯決勝アルゼンチン戦で、スコアレスで迎えた延長戦に、ドイツを世界王者へと導く決勝点を記録。ゲッツェはその左足のスパイクを、毎年恒例のテレビ番組のチャリティーイベントに提供。匿名の人物がこれを落札したという。ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は、ゲッツェのスパイクが来年、ドルトムントにあるドイツサッカー博物館に展示されるとも明かしている。(STATS-AP)