ミュラーが語るドルトムント、バロンドール

まずドルトムント
最下位なんてショック、CLの決勝相手がこんなのでどうするんだ!

ってバイエルンがやってしまったというのもあるからショックとしか言えないが

現在ブンデスリーガ最下位に沈んでいる日本代表MF香川真司のドルトムントに対し、国内タイトルを争う関係にあるバイエルン所属のドイツ代表FWトーマス・ミュラーが同情の念を示している。2日、ドイツ紙『ビルト』が伝えた。同紙によると、ミュラーはCS放送『sky』のインタビューで、「(ドルトムントの低迷は)驚きではなく、もはやショックを受けている。僕は外から見ている人間だが、彼らのこの状況を見ればうろたえてしまうよ。ドルトムントがこれから勝ち点を得ていくことを望んでいる。なぜならそれがドイツサッカー界にとって重要なことだからだ」と話したという。(SOCCER KING)

「ドルトムントの状況は、驚いているというより、ショックだよ。外部の人間として、どうして彼らがあの位置なのかが分からない。ドルトムントが勝ち点を稼ぎ、残留することを願っているよ。ブンデスリーガに彼らが残ることは、ドイツサッカー全体にとって重要なことだからね」(Gazzetta.it.)

バロンドールに関しては
ロナウドじゃ退屈、メッシは違うだろ、と

またバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、2014年のFIFAバロンドール最終候補の3人に選ばれたことについては、「クリスティアーノ・ロナウドがまた受賞するのは、ちょっと退屈だよね。僕はマヌ(ノイアー)がその競争に勝つことを希望するよ」とコメント。クラブと代表の両方でチームメートである同選手の受賞を願っていた。(SOCCER KING)

ミュラーはバロンドール争いについて、「マヌエルが受賞するのが正しいだろう」とコメント。さらに、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドの受賞については「そうなったらもう退屈でしょ」と続けた。これだけではない。バルセロナFWリオネル・メッシのノミネートには次のように批判した。「彼の代わりに、別の誰かが入るべきだった。素晴らしいシーズンを過ごした(アリエン・)ロッベンか、ドイツ代表のほかの選手たちとかね。最終候補に含まれるに値したはずだ」(Gazzetta.it.)

update: 2014年12月4日11:51 pm