公開日:2014/11/25

シャキリが欲しくてしょうがないリバプール

ずっとシャキリ移籍の記事が出ているが
またプレミア勢からの記事
リバプールは前から名前が挙がっているし欲しくてしょうがない

ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で出場機会に恵まれていないシャキリは、来年1月にバイエルンを離れると噂されている。同選手に対してマンチェスター・Uが興味を示しており、獲得に向けて1800万ポンド(約32億8000万円)を用意していると伝えられた。また、今夏の移籍市場でシャキリの獲得に動いていたリヴァプールも、引き続き動向に注目している模様。1月に再びオファーを出すとみられており、同紙はマンチェスター・Uとの争奪戦になると主張していた。(SOCCER KING)

イングランド・プレミアリーグのマンチェスターUがスイス代表FWジェルダン・シャキリ(23)=バイエルン(ドイツ)=の争奪レースで一歩リードしようとライバル・リバプール(イングランド)の上をいく1800万ポンド(約32億8500万円)の移籍金を用意している。英メディアが18日、報じた。シャキリは出場機会を求めて移籍を模索している。1月に移籍金1800万ポンドを提示する予定だという。(スポーツ報知)

イタリアも

現在はアーセナル、リバプールが完全移籍での獲得に名乗りを挙げている。その他にもイタリア・セリエAのASローマ、ナポリ、インテルが期限付き移籍での獲得を熱望しているという。現在は5チームが熱視線を送っているが、今後さらに名乗りを挙げるチームも出てきそうだ。(スポーツ報知)