マンジュキッチ怒り爆発 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2014/10/29
マンジュキッチ怒り爆発

アトレティコに行ったマンジュキッチ怒り爆発
まあグアルディオラとはあわなそうだったが
がんがん文句を言っている、これでバイエルン vs アトレティコもいいカードに
でも監督変わると本当に全部ひっくり返る

グアルディオラとコーヒー? 絶対にないだろうね。誰かに対してネガティブなエネルギーを感じたら、僕はその人物を避けるようにするんだ。彼が就任してすぐに、僕は以前のようにならないこと、僕のバイエルンでの時間が終わりつつあることを理解した。適応しようと頑張ったけど、僕に未来がないことは明らかだった。だから、断念してクラブを去ることにしたんだ。そして時間をかけて行き先を選ぶことにしたんだよ。グアルディオラには落胆させられた。ポカール決勝で僕を起用せず、僕がブンデスリーガ得点王のタイトルを獲得することも望まなかったんだ。それでシーズンの最後まで僕をプレーさせなかったんだよ。僕にとっては、本当にたいしたことじゃなかった。でも、敬意を欠いていると思ったね。彼の哲学に僕が入らないと言われた方が、まだ意味があった。でも、そうじゃなかったんだ。バイエルンでの2年で僕がやってきたことを考えれば、ああいう扱いには値しなかったはずだよ(Gazzetta.it)

僕はがっかりしたよ。敬意を持って僕に接してくれなかったからね。ブンデスリーガで得点王になることが許されなかったんだ。ユップ・ハインケスの方が彼の2倍良かったよ。彼と一緒にお茶をするかって? それはないね。プロフェッショナルとしては、すべての人を好きになる理由はないと思っているよ。だけど、誰かからネガティブなエネルギーを感じたら、僕はその人を遠ざけるように心掛ける。2年間バイエルンにすべてを尽くした後、僕はあのような待遇に値しなかったと思う。僕は適応するために努力したけど、成功するためには両者の努力が必要だ。僕はバイエルンでの未来がないと気付いた。それでクラブに退団することを伝えて、新しい行き先を決める時間を取ったんだ(Goal)

グアルディオラ時代とは対照的に、その前のユップ・ハインケス監督の下では、全てがうまくいっていたと語る。「ミュンヘンで出会ったたくさんの親切な人々のことが恋しい。そのうちの1人はもちろんユップ・ハインケスだ。彼は偉大な監督で、素晴らしいパーソナリティを備えている。彼の下では全てのことがうまくいっていたね。彼が2012-2013シーズンに成し遂げた結果を見れば一目瞭然だろう」(SOCCER KING)