ボルシアMGと首位攻防戦 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2014/10/26
ボルシアMGと首位攻防戦

バイエルン vs ボルシアMGで首位攻防戦
当時の頃は知らないがこの組み合わせで1位、2位となると
嬉しい人は結構いると思う、解説者の方とか
ボルシアMGは4勝4分で負けは無し

グアルディオラ

ボルシアMGには驚いていない。彼らは今の順位にふさわしい。組織が素晴らしいし、ラファエウのようなトッププレーヤーもいる。彼らのFWは手ごわいね。ルシアン・ファブレも優秀な監督だ。彼は自分が選ぶクラブで仕事ができる。彼のチームは魅力的なサッカーをするね。彼らはチャンピオンズリーグ(CL)で戦えるレベルだ。今シーズンのCLにいてもおかしくない。ドイツにはたくさんの名門があるが、ボルシアMGはその一つに入る。彼らとの対戦は、私にとってのブンデスリーガデビュー戦だった。最初の教訓は、彼らから学んだよ。これからの10日間は、前半戦で一番大事な時期だ。ボルシアMG、ハンブルガーSV、ボルシア・ドルトムント、ローマと続く。これを良い形で終えられたらいいね。それが終われば、我々の現在地が分かる。10月の段階で優勝について話すのは、私にとって難しい。ほかのチームに対してリスペクトを欠くようなことだ。まだやるべきことはたくさん残されている。修正しなければならないミスが多い。ローマ戦のような試合の後は、非常に難しいものだね。この状況は好ましくない(Goal)

相手はトップチームだ。チャンピオンズリーグに出場する力があるチーム。素晴らしい組織力。危険なウイングもそろっている(ゲキサカ)

ロッベンは欠場

バイエルンに所属するオランダ代表FWアリエン・ロッベンが負傷のため、26日に行われるブンデスリーガ第9節のボルシアMG戦に負傷欠場する見込みだと、ドイツ誌『キッカー』が報じている。詳細な負傷箇所は明らかとなっていないが、同紙はロッベンが神経の問題を抱えているため、ボルシアMG戦は休養すると報道。しかし、ロッベンのけがは深刻なものではなく、29日に行われるDFBポカール2回戦のハンブルガーSV戦には出場可能だとしている。(SOCCER KING)