次はパダーボルン | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2014/09/23
次はパダーボルン

次の闘いは初のブンデスリーガ参戦のパダーボルン
プレミア王者のマンチェスター・シティ
ごたごた続きだから余裕だろうと思っていたハンブルガーSV
そして初の挑戦者、9月は本当に賑やか
パダーボルンはこれまで2勝2分け

グアルディオラ

(パダーボルンの好発進は)何でも起き得るということだ。彼らは非常にアグレシッブだね。なぜ今の位置にいるのかが分かるよ。運に助けられているわけではない。彼らの監督は優秀だし、チームはすぐに1部に馴染んだようだ。サプライズではない。首位に立つ権利を持っている。彼らの作戦? 前に出て、プレスをかけてくる。今までそうしてきたから、変えてはこないだろう。ミュンヘンで我々に勝ったら、大きな驚きとなるだろうね。勝たなかったとしても、彼らが特に失望することはないと思う。パダーボルンにはクオリティーがあるよ。数試合前までは、彼らのことをまだ知らなかったので、最初は少し驚きを感じていた。(ハンブルガーSV相手に引き分けたことについて)良い足を持つ(たくさん走れる)選手を使いたかった。勝てば監督は絶賛され、負ければ傲慢だと言われるもののだ。勝てなかったのは、最終的には私のミスだよ。だが、マンチェスター・シティ戦はものすごく激しかった。11人だけでは良いシーズンを過ごせない。全員が必要だし、メンバーを入れ替えるのも必要だ。そうしなければ、みんなを殺してしまう。NBAではほぼ毎日試合があるが、一年のうち5カ月は休暇だ。我々は3日に1試合をこなすが、休暇期間は長くない。これは、バイエルンだけの問題ではないよ(Goal)

リベリーはまだ

グアルディオラ監督は、負傷に苦しむエースの状態について以下のように説明している。「私は、フランクが明日の試合(パーダーボルン戦)も間に合わないと思っている。また、彼がいつ戻ってくるのかもわからない」グアルディオラ監督はリベリの欠場を明言した一方で、ハンブルガーSV戦を欠場したオランダ代表FWアルイェン・ロッベンに関しては「大丈夫だろう」と、復帰を示唆している。(SOCCER KING)

パーダーボルンのアンドレ・ブライテンライター監督

我々はW杯王者と写真を撮るためにミュンヘンへ行くわけではない。いい結果を残したい(ISM)