ブンデス王者・バイエルン vs プレミア王者・マンチェスター・シティ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2014/09/17
ブンデス王者・バイエルン vs プレミア王者・マンチェスター・シティ

ブンデス王者 vs プレミア王者
これが本当のチャンピオンズリーグ
しかしお互いにベストとはいかない
リベリー、ロッベンもだめそう怪我人が多い中さらに。
シティもペジェグリーニがベンチ入りできなく
好調だったヨベティッチも欠場
それもビッグマッチ

欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグがスタート。日本時間18日未明には、早くも昨年優勝のバイエルン・ミュンヘン対昨季プレミア王者マンチェスター・シティの、ファン垂涎のカードがキックオフとなる。優勝賞金52億円を巡るセメント勝負。両チームはグループEの同組で、この初戦はバイエルンの本拠地アリアンツアリーナで行われる。優勝候補同士の顔合わせに世界中が注目しているが、下馬評では今のところバイエルンが不利とされる。オランダ代表MFロッベンがひざ痛、フランス代表MFリベリーは体調不良、ドイツ代表MFシュバインシュタイガーはW杯ブラジル大会後いまだチームに合流できず。さらにDFラインの柱のドイツ代表バトシュトゥバーが、先週末のシュツットガルト戦で負傷し緊急手術を受けた。そのためグアルディオラ監督は、今季レアル・マドリードから獲得した同郷のスペイン代表ボランチ、シャビ・アロンソに頼りきりだ。それでも「シャビのおかげでシュツットガルト戦はボールをキープできた。彼は自分の仕事をよくわかっていて、ロングパス、ショートパスを瞬時に判断できる。だが、依存しすぎると重荷になる。何とかしないと」と頭を抱えているという。何よりもマンCは昨季CLで、本拠地のアリアンツアリーナで土をつけられ、10連勝を阻まれた難敵だ。ペジェグリーニ監督は、昨季のバルセロナ戦で受けたペナルティーのため、今回の試合でのベンチ入りはできないが「勝つには普通にプレーしていては絶対無理なのに、流れが悪すぎる」とグアルディオラ監督は愚痴をこぼすばかりだ。(夕刊フジ)

グアルディオラ

バイエルンは昨季のCLグループステージでもシティと同組だった。アウェーでは3?1と勝利したが、本拠地アリアンツ・アレーナでは2?3と敗れている。この試合について聞かれたスペイン人指揮官は、以下のとおりコメントしている。ドイツ『シュポルト1』が伝えた。「(シティ戦で)優れたチームとやったことは勉強になった。11人で守れないと我々に問題が生じることが分かったよ。ゲームを支配しなければいけない。ボールを持っていないときは、走って、走って、そして走らなければいけないんだ」「去年のシティは非常に強いチームだった。だから、彼らは昨シーズンのプレミアリーグで優勝したんだ。(状況は)今年も変わらないよ」シティと同じくCSKAモスクワとも再会し、さらにセリエAで昨季2位に入ったローマとも対戦するバイエルン。グアルディオラ監督はグループ突破に向けて、次のように意気込みを語った。「ハードなグループだ。本当にレベルが高い。もちろん、我々にとって勝ち点3でスタートすることがベストだ。我々は次のステップを踏むためにここにいる。そのステップというのは、決勝トーナメントに進出することだよ」ローマから獲得したDFメフディ・ベナティアについても触れている。「ベナティアは毎日(コンディションが)良くなっている。加入当時は練習が足りない状態で、筋肉の問題も抱いていた。我々は不要なリスクを冒したくなかったんだ。時間が必要だったので、彼にそれを与えた。彼との問題はないよ。彼の姿勢や性格には満足している」(Goal)

リベリー欠場

16日に行われた記者会見でバイエルンのジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督は、ますますけがをしやすくなっているリベリが、再び負傷したと明かした。「練習の後、理学療法士がフランクを医者に診せなくてはならないと言っていた。そして、今日、試合には出られないと言われた。それだけだ」リベリに関する質問についてあやふやな回答を続けたグアルディオラ監督は、リベリの離脱期間がどれほどになるかは分からないとした一方で、20日に行われるハンブルガーSV(Hamburger SV)とのリーグ戦も欠場するだろうとコメントしている。(AFPBB News)

“死の組”E組ではバイエルンMとマンチェスターCが激突。バイエルンMは膝を負傷したとみられるFWロッベンの出場が微妙な上、復帰したばかりのMFリベリも左膝を再び痛めたもようで、グアルディオラ監督は「ボール保持を可能にしているシャビ・アロンソを周囲がサポートしないと彼が死んでしまう」(スポニチアネックス)

リベリは13日のブンデスリーガ第3節シュトゥットガルト戦で、途中出場して復帰を飾ると、追加点となるゴールを決めている。だが、グアルディオラ監督は詳細を明かさなかったものの、同選手について次のように話している。ドイツ『シュポルト1』が伝えた。「彼は家にいる。月曜には医師のところに行ったが、今日、彼がプレーできないということを伝えられた。負傷の程度? 医師に聞いてみたらいいんじゃないか? 数日離脱することになるね」リーグ開幕のヴォルフスブルク戦以降、足首の負傷で離脱中のMFアリエン・ロッベンも出場は厳しいかもしれない。「今のところ、彼は我々の下にいる。でも、練習に参加したのは今週に入ってからなので、様子を見ることになる」(Goal)

リベリは13日のリーグ、シュツットガルト戦で今季初出場を果たし、初得点をマーク。だが、ひざの状態が万全ではないため、マンC戦に向けた15日の練習を休んでいた。ジョゼップ・グアルディオラ監督(43)が前日会見で「アリエン(ロッベン)はここにいるが、フランク(リベリ)はここにはいない」と話した。(スポーツ報知)

シャビ・アロンソ

僕たちにとって重要な対戦だ。ホームの試合だし、勝ち点3を獲得して大会をスタートさせたいね。ダビド・シルバは素晴らしい選手。彼はライン間で動くことを好み、ラストパスを出すクオリティーがある。彼をコントロールできれば、シティの主要部分をコントロールできることになると思う。バイエルンでCLを制することは大きな目標だ。でも、それにはまだ多くの道のりが残されているよ。ドイツはスペインよりフィジカルを重視する。僕はチームメートを1日1日理解していっているところだ。自分のキャリアを通じて行ってきたことをするだけ。攻撃と守備の間をつなぐ仕事だ。すべての中心に位置することだね」(Goal)

あわせて読みたい