公開日:2014/08/22

ミュラー、マンチェスター・ユナイテッドを断る

クロース、シュバインシュタイガー、ロッベンと
バイエルンの選手を前の監督から今の監督になっても欲しがる
マンチェスター・ユナイテッド
ミュラーに興味を持つも当然のことながら断られる

この夏、ルイス・ファン・ハール監督が就任したユナイテッドへの移籍が噂されたミュラー。だが、本人はバイエルンこそが自分のクラブだと誘いを断ったようだ。ミュラーはドイツ『ビルト』で、ユナイテッドが獲得に迫ったか問われると、次のように答えている。複数のメディアがコメントを伝えた。「もちろんさ。この移籍を受け入れれば、もっと稼げるということは分かっていた。国外のクラブが僕にオファーした金額は、とんでもないものだったよ。だけど、バイエルンが僕のクラブなんだ。僕にとって移籍は問題じゃなかったんだよ」(Goal)

マーケット終了まで2週間のこの段階で、新たなシナリオへの展開もあり得る告白だ。マンチェスター・ユナイテッドがバイエルン・ミュンヘンMFトーマス・ミュラーの獲得に挑んでいたという。おそらくは生まれたと同時になくなったこの話は、25歳のドイツ代表MFが自らドイツ『Bild』に明かしている。「この移籍を受け入れれば、大きく変わるということが分かっていた。とてつもない金額のオファーだったよ。でも、バイエルン・ミュンヘンは僕のクラブだ。移籍は予定されていなかった」ミュラーはバイエルンに残留した。気になるのは、マンUにとってミュラーは夏の夢だっただけなのか、それとも新たなトッププレーヤーを本当にルイス・ファン・ハール監督にプレゼントするつもりなのかという点だ。(Gazzetta.it)

ブラジル・ワールドカップで5ゴールを決め、ドイツの優勝に貢献したミュラーは同紙に対し、「移籍すればもっと稼げたかもしれないし、受けたオファーは天文学的数字だったけど、僕のクラブはバイエルンだし、移籍は求めていない」と明言。移籍金額は3500万ポンド(約61億2000万円)だったとされるが、ミュラーはバイエルンと新たに5年契約を結んだ。ミュラーは19歳だった2009?10年シーズンに、当時のバイエルンを指揮した現マンチェスター・Uのルイス・ファン・ハール監督体制で定位置を確保し、国内2冠達成とチャンピオンズリーグ準優勝に貢献。2010年の南アフリカW杯では5ゴール3アシストを記録し、ゴールデンブーツ賞(得点王)と最優秀若手選手賞を受賞した。一方、この報道を受けてマンチェスター・Uは同日、「我々がミュラーや(マルコ・)ロイスにオファーを提示したという事実はない」という声明文を発表している。(SOCCER KING)

W杯で5ゴールを挙げたバイエルンの若きエース、ドイツ代表FWミュラー(24)が、マンチェスターUからの巨額オファーを断り、2年ぶりの欧州3冠に挑む。21日付の英大衆紙ザ・サンによると、現在の約2倍になる年俸1250万ポンド(約21億2500万円)を提示されたが「僕の心はミュンヘンとともにある」と、残留を宣言した。(スポーツ報知)

マンチェスター・ユナイテッドは、バイエルン・ミュンヘンMFトーマス・ミュラーおよびボルシア・ドルトムントMFマルコ・ロイスにオファーを出したという事実はないと主張している。ミュラーはドイツメディアに対し、ユナイテッドから「とんでもない金額」のオファーを受けながらも、これに応じなかったと話していた。だが、ユナイテッドはオファーの事実を否定。「どの段階でも、我々がミュラーあるいはロイスに対してオファーを出したというのは事実ではない」と同クラブのスポークスマンが『PAスポーツ』に語ったとして、イギリス複数メディアが伝えている。(Goal)