ヴァン・ブイデン引退 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2014/08/16
ヴァン・ブイデン引退

ヴァン・ブイデン引退
スピードが遅いだとかも言われていたが
今までも重要な場面で得点もしてくれていたヴァンブイデン
そしてあのでかさ、ごつさは怖いDFとして絵的には満点
まだ欲しがるところはあったようだが
バイエルンとワールドカップで引退
おつかれさまでした

ファン・ブイテンにはこれまでドイツとフランスのクラブが興味を示し、ベルギー1部リーグ王者RSCアンデルレヒト(RSC Anderlecht)から年俸100万ユーロ(約1億3000万円)の1年契約を提示されていたが、同選手はメディアに発表した書簡のな「かですべてのクラブを断ったとしている。「1つのプロジェクトに取り組むとき、僕はそれに全力を尽くす。だけど、身体がもうそうすることができないことを僕に教えてきたし、RSCアンデルレヒトのようなクラブの期待に応えることができない」ベルギー代表の主力選手としてW杯ブラジル大会(2014 World Cup)に出場したファン・ブイテンは、「W杯に備え、厳しい練習を積んできたが、身体に対する負担が大きかった」と語った。1998年にプロデビューを果たして以降、ファン・ブイテンはRSCシャルルロア(RSC Charleroi)、スタンダール・リエージュ(Standard de Liege)、オリンピック・マルセイユ(Olympique de Marseille)、マンチェスター・シティ(Manchester City)、ハンブルガーSV(Hamburger SV)でプレーし、2006年から今夏までバイエルン・ミュンヘンに所属していた。(AFP=時事)

昨季限りでバイエルンとの契約が満了し、現役引退を表明したDFファンブイテンベルギー代表DFダニエル・ファンブイテン(36)が14日、現役引退を表明した。「何かを頼まれれば、私はそれを100%で行う。だが、もはやそれが不可能になった」とコメントした。昨季限りでバイエルンとの契約が満了。その後、ベルギーのアンデルレヒトなど数チームが獲得に動いていたが、引退を決断した。ベルギー代表として2002年日韓W杯と2014年ブラジルW杯に出場。国際Aマッチ84試合に出場し、10得点を挙げていた。(スポーツ報知)

ファン・ブイテンは、ベルギー紙『La Derniere Heure』にコメントを公開。「重要な決断を下すのは、たいていの場合、難しいものだ」と、前置きし、「私の最終的なゴールは、(ブラジル)ワールドカップでプレーし、母国に何かを返すことだった。このビッグイベントのために、1月からハードワークをして、最大限のプロ意識を持って準備してきた。私の身体は苦しんでもいたんだ」と、明かした。そして、「新しい生活が始まる。妻や子ども、愛する人々と過ごす時間を増やしたいと思っているよ」と、コメントした。(SOCCER KING)

昨シーズン終了までバイエルン・ミュンヘンに所属していたファン・ブイテンは、ブラジル・ワールドカップ(W杯)準々決勝のアルゼンチン戦が現役としてプレーした最後の試合となった。代表で85キャップを記録したセンターバックは、2002年の日韓大会にも出場している。新シーズンは、古巣のハンブルガーSV(HSV)やアンデルレヒトが新天地候補に挙がっていたファン・ブイテン。引退決断を以下のように説明した。「理性が感情に勝った。ここ数週間、コンディションを最高のレベルで維持しようと試みたが、身体はそれがもう可能でないことを僕に伝えたんだ」W杯では、準々決勝まで勝ち進んだベルギーの全試合にフル出場を果たしていた。「1月からW杯でコンディションが万全であるように最大限のプロ精神で働いていた。だが、身体への負担が大きかった。W杯後には、いくつかのオファーをもらって、光栄に思っている。しかし、僕を知る人たちは分かっているとおり、僕は何かを始めれば、100%成し遂げなければいけないと考えているんだ」(Goal)

ベルギー代表DFダニエル・ファン・ブイテン(36)が現役引退を表明した。英『BBC』が報じている。報道によると、契約満了に伴い、昨季限りでバイエルンを退団していたファン・ブイテンには母国ベルギーの強豪アンデルレヒトからオファーがあった。しかし、「私はアンデルレヒトのようなクラブの期待に応えることができない」とオファーを断り、17年間の現役生活にピリオドを打つ決断を下したという。(ゲキサカ)