スーパーカップ、vs ドルトムント | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2014/08/14
スーパーカップ、vs ドルトムント

3-4-3で挑む新しいバイエルン
メンバーも新しくてレヴァンドフスキ、ロデ、ベルナトの新戦力

ガウディーノという17歳の少年もスタメン
いつものメンバーはノイアー、ボアテング、アラバとミュラー

ドルトムントはセリエAの得点王がどうなのか
まあ結構危なっかしく強すぎるバックパスとか
そしてボレーを打ったときにシュメルツァーをぶつかって
ダンテに交代したハビ・マルティネス、長期欠場へ

後半はこれはまずいとラーム、ゲッツェと投入もあまり変わらず
ラームは追いつけず相手のTシャツを思い切りひっぱるぐらいダメ
結果0-2でドルトムントにスーパーカップを獲られる
3-4-3って大丈夫?

0814
■交代:
31:マルティネス >>> ダンテ、46:ミュラー >>> ラーム、59:ホイビェルク >>> ゲッツェ

昨シーズン、ブンデスリーガとDFBポカールの二冠を達成したバイエルンと、両大会で2位に終わったドルトムントが、今シーズン初のタイトルを争う同大会。3年連続で同じ組み合わせとなった試合の舞台は、ドルトムントの本拠地であるジグナル・イドゥナ・パルクとなった。ホームのドルトムントは今夏に加入したチーロ・インモービレやマティアス・ギンターが先発。バイエルンは今夏にドルトムントから獲得したロベルト・レヴァンドフスキをはじめ、セバスティアン・ローデ、ファン・ベルナトといった新戦力、さらには19歳のピエール・エミール・ホイビュルクと17歳のジャンルカ・ガウディーノと若い選手をスタメンで起用した。(SOCCER KING)

2014年W杯の影響により、両チーム多くの主力を欠くなかで行なわれた一戦。序盤からペースを握ったドルトムントは、23分に素早い攻めからムヒタリアンのゴールで先制。対するバイエルンは、31分にハビ・マルティネスが左ひざを傷めて途中交代となるアクシデントにも見舞われ、GKノイアーのセーブで凌ぐ展開が続く。1点リードで前半を折り返したドルトムントは62分、ピシュチェクのクロスにオーバメヤンが頭で合わせて追加点。同選手はスパイダーマンのマスクを被って、ゴールを祝うパフォーマンスを見せた。守っては、昨季までチームのエースに君臨していたレヴァンドフスキもシャットアウトして、2対0の完封勝利を収めている。(ISM)

ブラジルW杯を制したドイツ代表メンバー5人を抱えるドルトムントは序盤から、同7人ものメンバーを抱えるBミュンヘンを相手に主導権を握り、前半23分にMFヘンリク・ムヒタリャン(25)のゴールで先制。後半17分には、FWピエール・オバメヤン(25)が頭で追加点。オバメヤンはソックスの中に隠していたスパイダーマンのマスクをかぶるパフォーマンスを見せた。一方、Bミュンヘンは攻守ともにかみ合わないまま敗戦。リーグ開幕戦(22日=同23日、対ボルフスブルク)に向けて不安を残した。(東スポ)

グアルディオラ

ユルゲン・クロップと彼のチームを祝福する。我々は最初の15分は良いサッカーをしていたが、その後は苦しかった。後半はラインが低すぎた。まだ時間がかかる(ゲキサカ)

ラーム

我々は、最近練習に復帰したばかりの選手を多く抱えている。まだ時間がかかるのは当たり前。だから今日の試合も簡単ではなかった(ゲキサカ)

クロップ

今の我々が(プレシーズンにおいて)どの段階にいるかを考えると、素晴らしい試合を見せることができた。チームとして、非常にうまく守備し、バイエルンに多くのチャンスを許さなかったね。彼らにとって嫌な相手になることができたと思う。両チームともまだ、コンディションはピークにない。疲れている様子をうかがわせるところもあった。でも、スーパーカップが懸かっていたんだ。妥当な勝利で、そのタイトルを獲得することができたね(Goal)

あわせて読みたい