公開日:2014/08/09

レイナ、ノイアーをバックアップ

豪華な控えGKレイナ
最初から第2GKを理解して入って来る大物選手
やっぱりバイエルンだからだなあ
ノイアーの尻をたたいていってほしい

バイエルンにはドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが絶対的な守護神として君臨している。控えの立場を理解した上で移籍を望んだとみられるレイナだが、レギュラー争いに関して次のように述べている。スペイン『マルカ』がコメントを伝えた。「ここにやって来たのは、可能な限りタイトルを獲得したかったから。世界最高峰のクラブに移籍できて、本当にうれしく思っている」「僕は勝ちたい。そのために厳しき働き、ノイアーをできるだけ駆り立てたい。チームが必要としている時に助けたいと考えているよ」バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、ジョゼップ・グアルディオラ監督がレイナ獲得を要望したと明かしている。「ペップはマヌエル・ノイアーと似たスタイルでプレーできるGKを求めていた。控えGKとして加わるにあたり、これだけ経験豊富でクオリティーの高い選手を見つけることは簡単ではない」(Goal)