ヴォルフスブルクがフェルナンド・トーレス獲得へ

ヴォルフスブルクがフェルナンド・トーレス獲得へ
バイエルンはもう素晴らしい戦力でこれ以上大物は
無いだろうしいらないかもしれない
シャルケにラウールが来たとき本当に来たんだとびっくりしたが
ヴォルフスブルクにフェルナンド・トーレスが来たら楽しみ
「将来ヴォルフスブルクが怖い存在になる」が現実になるか

ドイツ、ブンデスリーガ1部ヴォルフスブルクがスペイン代表FWフェルナンドトーレス(30)=チェルシー(イングランド)=の獲得に動く可能性が出てきた。英メディアが1日、報じた。ヴォルフスブルクは今夏、Rマドリード(スペイン)FWアルバロ・モラタ(21)、チェルシー(イングランド)が保有権を持っていたベルギー代表FWロメル・ルカク(21)を獲得候補に挙げていたが、モラタはユベントス(イタリア)、ルカクはエバートン(イングランド)に移籍が決定。そこでチームがトーレスの代理人に接触したという。まだ交渉は始まったばかりだが、今後の進展次第では昨季途中に加入したベルギー代表MFケビン・デブルイネ(22)のようにチェルシーからの即戦力補強となる。(スポーツ報知)

update: 2014年8月1日11:42 pm