公開日:2014/07/12

クロース、多分レアル移籍

バイエルンから出ることはもう確定な雰囲気の中
どこに行くのか?というのもここ何日かはレアルになっている
そして今回はベッケンバウアーや昔いたクラブからの情報が出た
もう確定なのか

ベッケンバウアー名誉会長は、確実視されるクロースのバイエルン退団に失望を表しながらも、同選手にとってマドリーでの経験が素晴らしいものになるとの見解を示している。ドイツサッカー連盟(DFB)の公式HPがコメントを伝えた。「バイエルン名誉会長として、彼の退団は悲しむべきことだ。彼が去るならば、我々はワールドクラスの選手を失うことになる。しかし外国での経験、レアル・マドリーのようなクラブへの移籍はプライスレスだよ」(Goal)

FIFAの規定によると、選手が国際移籍した際に、その選手が12歳から23歳までの期間に所属していたクラブは、育成費を申告することができる。そのため、クロースがユース時代に所属していた2つのクラブが、同選手がバイエルンからレアルへの移籍が完了する事によって、移籍金とクラブ在籍年数に応じた金額を受け取ることができる。1990年1月生まれで24歳のクロースは、2002年7月、約12歳6カ月で、現在ドイツリーグ6部に属するグライフヴァルダーSVから、現在3部リーグに属するハンザ・ロストックに移籍。4年間在籍した後、2006年7月に約16歳6カ月で現在所属のバイエルンへ加入している。今回、グライフヴァルダーのスポーツ・ディレクターが、「スペイン人の弁護士が連絡を取ってきました。そのため正式な書類を提出します」と、育成費の申告をすることを明かしており、レアルへの移籍が迫っていることを示唆している。また同メディアは、今までの同選手の移籍報道を基に、グライフヴァルダーSVが6万2500ユーロ、ハンザ・ロストックは25万ユーロ、受け取ることができるだろうと計算しており、ブラジル・ワールドカップ終了後には移籍の発表がされるだろうとしている。(SOCCER KING)

来夏バイエルンとの契約が満了となり、代理人が契約延長を拒否しているクロースの元には、以前からR・マドリーだけでなく、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、バルセロナなど欧州のビッグクラブが関心を持っていると噂されていた。『マルカ』によると、すでにR・マドリーへの移籍に合意しており、来週には記者会見が準備されている模様。移籍金は2500万ユーロ(約34億円)で年棒は600万ユーロ(約8億円)、契約期間は6年と報じられている。(ゲキサカ)