公開日:2014/05/26

マンU、今度はシュバインシュタイガーを欲しがる

クロース、ミュラー、ロッベン
そしてシュバインシュタイガー
強くなるためにはバイエルンの選手が欲しいのだろう
まずは元バイエルンの監督を獲って次は選手・・難しいだろう

マンチェスターUは、Bミュンヘンのドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(29)の獲得に興味を持っているようだ。エクスプレス紙など複数の英メディアが報じている。オフシーズンにセントラルMFの補強を画策しているとみられるマンUは、Bミュンヘンのドイツ代表MFトニ・クロースの獲得に近づいていると伝えられていた。しかし、W杯ブラジル大会後にマンUの指揮官に就任するルイス・ファンハール現オランダ代表監督がクロースの獲得を望んでいないと一部メディアが報じた後、同選手からもBミュンヘン残留を示唆するコメントが出ていた。そこで、マンUはクロースのチームメートであるシュバインシュタイガーの獲得を目標としたようだ。(日刊スポーツ)

ロッベンのコメント

「マンチェスター・ユナイテッド? それは選択肢にないね。僕はバイエルンに残るよ。以上」移籍について聞かれた30歳のオランダ代表は、そう答えたという。さらに「そもそも、バイエルンが僕を売りたがっているとは思えない」と言い、「僕は契約を更新したばかりで、お互いに満足している。僕が幸せを感じていなかったら、別の話になっただろうけどね。その場合は、移籍する可能性もあっただろう。ファン・ハールが指揮を執ったバイエルンで、素晴らしい時間を過ごしていたからね。彼は僕のキャリアにとって重要だったことは間違いない。でも、僕はいまのクラブで幸せなんだよ」と、残留を強調した。(ゲキサカ)