グアルディオラ vs ベッケンバウアー:ポゼッション編 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2014/04/26
グアルディオラ vs ベッケンバウアー:ポゼッション編

ベッケンバウアーは言う
「相手がゴールチャンスをつくるのなら、ポゼッションには何の意味もない。」
グアルディオラは言う
それを望んだのはバイエルンだ、と
まあ確かに前半あれだけの支配率も失点
グアルディオラ vs ベッケンバウアーは名勝負数え歌になった欲しい

ベッケンバウアー氏は以前にも、グアルディオラ監督により「チキタカ」に不満を示していた。そして23日のマドリー戦でバイエルンが0-1と敗れると、「相手がゴールチャンスをつくるのなら、ポゼッションには何の意味もない。レアルが1ゴールだけだったことに我々は満足しなければ」と話している。これに対し、グアルディオラ監督は25日、彼のスタイルでこう返している。「私のプレー哲学がドイツサッカーのそれと異なるのは知っている。だが、私を望んだのは彼らだ。そして私は、多くのタイトルを獲得してきた。ドイツでもね。私が好きなのはこういうプレーなんだよ。私はボールをコントロールするのが好きなんだ。我々は3月にリーグを制した。だから、我々がそれほど無能だとは思わない」「ここではカウンターの方が好まれる。私はその文化に対抗しているというところだろうか。自分の考えとドイツの文化のバランスを見つけなければいけないね」(Gazzetta.it)