公開日:2014/03/16

マンジュキッチをチェルシーが狙う

レヴァンドフスキが来る、するとベンチになる可能性が高い
マンジュキッチ、そこを狙ってプレミア勢が狙っている
しかし欲しい時に点を獲り守備もばっちりするマンジュキッチを出していいのか?
レヴァンドフスキ、ゲッツェ、ミュラーで回すか

プレミアリーグ首位チェルシーが今夏、Bミュンヘンのクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(27)獲得を目指す見通しだという。英サン紙(電子版)が15日、報じた。Bミュンヘンには今夏、ライバルのドルトムントからポーランド代表FWレバンドフスキが加入する。そのためポジションを奪われる可能性の高いマンジュキッチは移籍を検討している。同紙によると、チェルシーはマンジュキッチが求める週給11万ポンド(約1935万円)を支払う用意があり、アーセナルやマンチェスターUとの競争になるという。(日刊スポーツ)

バイエルンのクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが15日、2年連続でクロアチア年間最優秀選手に選ばれた。15日に行われたレバークーゼン戦(2-1)後、クロアチア紙『Vecernji』からトロフィーを授与されたマンジュキッチ。11人の元代表選手による投票で決まった同国の年間最優秀選手に選ばれ、クラブの公式HPで「すごく名誉なことだよ。とても誇りに思うし、自分のプレーへの素晴らしい評価」と受賞を喜んた。2位は昨年同様、レアル・マドリーのMFルカ・モドリッチだった。(ゲキサカ)