バイエルンの選手年俸 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2014/02/15
バイエルンの選手年俸

バイエルンの選手年俸が明るみに
監督がダントツ、まあ結果出しているし彼が来たことによって
さらに興味をむかせブランド力もアップしたしいいだろう
ゲッツェはどうなのだろう?ラームとかより高いというのは
ロッベンもそこまでもらっていないのか(そこまでと言ってもすごいが)
最高に強くて監督もよくて年俸も高い
これならどこに誘われても行くとは考えないだろう

ブンデスリーガでは首位を独走し、昨年末にはクラブ・ワールドカップを制してクラブ世界一の称号を勝ち取った。そんな昨季3冠王者を支えるスターたちの稼ぎっぷりが明るみに出た。『マルカ』などスペインメディアがドイツ『スポーツ・ビルト』による報道として、バイエルンの人件費の内訳を明かしている。偉大な選手たちの稼ぎ頭は「2トップ」だという。報道によると、フランク・リベリとマリオ・ゲッツェが、年俸1200万ユーロ(約16億7200万円)で並んでいる。3位タイに並ぶのは、キャプテンのフィリップ・ラームと中盤の要のバスティアン・シュバインシュタイガーで、年俸は1000万ユーロ(約13億9400万円)。続くのはチアゴ・アルカンタラとトーマス・ミュラー、マヌエル・ノイアーで、それぞれ年間800万ユーロ(約11億1500万円)を得ているそうだ。背番号10のアリエン・ロッベンは年俸700万ユーロ(約9億7500万ユーロ)だと伝えられている。だが、実は稼ぎ頭は別にいた。何と、一番の高年俸は選手ではない。今季からチームを率いるペップ・グアルディオラ監督は、選手トップのリベリを大きく引き離す1700万ユーロ(約23億7000万円)を得ているという。イギリス『デイリーメール』などによると、グアルディオラは世界中を見渡しても年俸ナンバーワンの監督だとされる。(theWORLD)

バイエルンの選手の給料は? ドイツの「スポーツ・ビルト(電子版)」誌が13日、バイエルンの選手の年俸ランキングを掲載した。トップはフランス代表MFリベリ(30)と、ドイツ代表MFゲッツェ(21)の1200万ユーロ(約16億6800万円)。ドイツ代表DFラーム(30)と同代表MFシュバインシュタイガー(29)が1000万ユーロ(13億9000万円)となっている。同誌に掲載されたランキング上位20人(年俸と契約終了期間)は次の通り(スポーツ報知)

グアルディオラ 23億7000万円
リベリー    16億6800万円
ゲッツェ    16億6800万円
ラーム     13億9000万円
シュバインシュタイガー 13億9000万円
ミュラー    11億1200万円
チアゴ     11億1200万円
ノイアー    9億7300万円
ロッベン    9億7300万円
アラバ     9億7300万円
マルティネス  8億3400万円
ボアテング   8億3400万円
ファンブイテン 6億9500万円
マンジュキッチ 6億9500万円
ラフィーニャ  6億9500万円
クロース    6億2550万円
ピサロ     6億2550万円
ダンテ     4億8650万円
バドストゥバー 4億8650万円
シャキリ    3億4750万円
コンテント   2億7800万円