リベリー、CL第1戦欠場 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2014/02/12
リベリー、CL第1戦欠場

CL第1戦のアーセナル戦(アウェイ)
リベリーが欠場
現在2位でエジル加入で勢いづくアーセナル
2013.3のCLでは0-2で負けているので万全で行きたかったが

バイエルンは声明で、「リベリは今後の試合、特にロンドン(London)で行われるアーセナルとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦を欠場することになる」と発表している。6日に手術を受けたリベリの術後の経過は順調とされており、翌週には練習を再開するとしている。リベリ欠場の一報は、ジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督が19日のアーセナル戦に出場できることを期待するとコメントを出した矢先のことだった。グアルディオラ監督は7日、「彼がロンドンでプレーできることを願う。フランクは重要な存在で、できる限り早く練習に参加できることをわれわれは待っている」と述べた。(AFP=時事)

リベリは6日にでん部の血腫除去手術を受けており、当初は19日のアーセナル戦での復帰を目指していた。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督の「できるだけ早く復帰できることを期待している」という願いも叶わず、12日のドイツカップ準決勝ハンブルガーSV戦、15日のリーグ第21節フライブルク戦、そしてアーセナル戦までも欠場することになってしまった。リベリは今季のリーグ戦で14試合出場7得点の記録を残し、首位独走の原動力となるだけでなく、CLのグループステージでは5試合に出場してチームトップタイの3得点を挙げ、決勝トーナメント進出に大きく貢献していた。(ゲキサカ)

クラブは、6日にでん部の手術を行ったリベリーの回復状況を伝え、手術箇所が治り次第、理学療法を開始すると発表。その後にランニングを始めるという。また、アーセナル戦を含む今後数試合を欠場することも併せて伝えている。リベリーは今シーズン、リーグ戦14試合に出場し、7得点を記録している。(SOCCER KING)

あわせて読みたい