公開日:2014/01/29

ユナイテッドのモイーズ、クロースを欲しいが

マタを大金で獲得したマンチェスター・ユナイテッド
マタを獲ったから大丈夫か
クロースを欲しがっている
しかし試合を見るとクロースだけじゃなく
マンジュキッチもダンテも欲しい

マンチェスター・ユナイテッドのデイビッド・モイーズ監督は、24日に行われたブンデスリーガ第18節、ボルシア・メンヒェングラッドバッハ対バイエルン・ミュンヘンの試合をスタンドで観戦した。ドイツメディアでは、バイエルンMFトニ・クロースに関心を示しているとの見方が浮上している。バイエルン戦をチェックするモイーズ監督の姿が目撃されたことで、イギリスメディアはFWマリオ・マンジュキッチへの関心を報じている。また、ユナイテッドは先日からバイエルンDFダンテへの興味も伝えられていたところだ。だが、ドイツ『ビルト』によると、ターゲットはクロースという可能性もあるという。モイーズ監督はこの日、エージェント会社「スポーツトータル」のザシャ・ブレーゼ氏と試合を観戦している。そこで『ビルト』は、同社がマネジメントする選手がターゲットではないかと推測、浮上したのがクロースというわけだ。(Goal)

2015年までバイエルンと契約を結んでいるクロース。先日、ユナイテッドのデイビッド・モイーズ監督がクロースを目当てにバイエルン戦を観戦していたとも報じられており、移籍の可能性が浮上している。クロースは、ドイツ『キッカー』でユナイテッドの関心について聞かれ、以下のように答えている。「何も除外することはできないよ。僕はバイエルンと契約している。でも、今の時点で契約延長交渉の予定はない。シーズンの後半戦だけに集中している」「人生にはもっと悪い状況だって存在する。僕はトップクラブで、最高の監督の下でプレーしているんだ。そのことに満足している。将来に何らかの決定が下されることになるだろう」(Goal)