リベリー自信バロンドールにアリ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/11/14
リベリー自信バロンドールにアリ

リベリー自信バロンドールにアリ
とにかく今の状態は最高だ、と
もし本当にここまでいいのにロナウドだったり
メッシだったらもうバロンドールなんて儀式はやめちまえ

今季もリーグ戦には10試合に出場し4得点。好調をキープするフランス代表MFは現在のコンディションについて、「自分でも、これだけ(コンディションが)最高って感じるのは、これが初めてなんだ。今のところ、本当にトップレベルのプレーができてると思う」と話した。またリベリは、今年8月に2012-13シーズンUEFA欧州年間最優秀選手賞を受賞。来年1月に発表されるバロンドール獲得にも注目が集まっている。「もちろん受賞できれば夢のような話だと思ってる。でも今年はまさに僕の年って感じかな。発表は来年に入ってすぐだけど、それまではこのままの調子をキープするように、って自分に言い聞かせてるんだ。できるだけ(最終候補に残ったという)現状を楽しみながら、プレッシャーは感じないようにしてるよ!」(ゲキサカ)

リベリは昨季、バイエルンでブンデスリーガ、DFBポカール、チャンピオンズリーグ優勝の3冠達成に大きく貢献。2013年のバロンドール受賞に向け、有力候補の一人だと見られている。しかし、リベリは受賞を難しいと感じているのかもしれない。フランス『10 Sport』で次のように話している。「僕がバロンドール受賞のアウトサイダーの一人か?もう少しサポートがあれば、そうなるだろうね。フランスの人々でさえ、メッシかクリスティアーノの受賞を望んでいる。僕はそういう印象を受けているよ。そして、そのことを本当に不思議に思っている」「僕は2013年、1年を通して強さを維持した。1年間コンスタントに良いパフォーマンスをして、タイトルを勝ち取った。(バロンドール受賞なら)僕や家族、子どもたちにとって、素晴らしい栄誉になる」(Goal)